ノーザンテリトリー、カカドゥ国立公園、ジム・ジム・フォールズ上空を遊覧飛行 © Jarrad Seng

ノーザンテリトリー

原文: ジェニファー・ピンカートン

ノーザンテリトリーは、オーストラリア中央部から広がる広大なエリアで、ウルルアリス・スプリングスから、海辺に位置する州都、ダーウィンとその近郊の島々までを含みます。

広大な面積にも関わらず、人口が少ないことから、州ではなく準州(テリトリー)とされています。総人口は25万人弱で、タスマニア州の人口の半分以下です。

小さなコミュニティだからこそ、人々も大変フレンドリーです。先住民文化が強く残るエリアなので、その伝統文化や故事、信仰の世界などの伝承が活発に行われ、 雄大な景色を持つ 国立公園も多数あります。

何より、ノーザンテリトリーは楽しいの一言に尽きます。オーストラリアの都市圏を抜け出し、レッドセンター の アウトバックや、南国のようなトップエンドまで足を伸ばすと、いつもの旅とは違った体験ができるでしょう。 ノーザンテリトリーは、いつまでも心に残る場所です。

ノーザンテリトリー、ウルル-カタ・ジュタ国立公園 © Tourism Australia

ウルルで夕日を見る

白い樹皮のユーカリ の木や泉に囲まれて高くそびえるウルルは、高さ350mの巨大な砂岩の一枚岩で、先住民アボリジニ、アナング族の聖地です。 ウルルが最も美しいのは、時の経過とともに岩の表面の色が刻々と移り変わる夕暮れ時です。 昼間は岩の麓を巡る10.6kmのトレイルコース でハイキングを楽しみ 、その後2ヵ所ある指定のサンセット観賞スポットで ゆっくり夕日を眺めましょう。

ノーザンテリトリー、レッドセンター、西マクドネル山脈、エルリー・クリーク・ビッグ・ホール © Shaana McNaugh, Tourism NT

西マクドネル山脈を歩く

アリス・スプリングスから110kmドライブすると、 黄土色 の土壌や断崖、紺碧の空が織りなす​西マクドネル山脈の穏やかな風景が見えてきます。 オーミストン渓谷 周辺にある半砂漠の自然歩道や泳ぐこともできる小川は、山脈の宝石とも言えるような美しいスポットです。 4時間のウォーキングコース、パウンド・ウォークを歩いて行くと、乾いた川床を越え、白い樹皮のユーカリの木に囲まれたきらめく泉を過ぎたところに、太古の渓谷があります。

ノーザンテリトリー、エルセイ国立公園、 ビター・スプリングス © Tourism Northern Territory

マタランカ温泉で泳ぐ

さらに北、ダーウィンから420kmのところにあるエルセイ国立公園 には、温泉が湧き出ており 、温泉に含まれるミネラル成分の影響でターコイズ色に輝いています。 底が砂になっているマタランカ温泉には、魚や亀もたくさん生息しています。 シュノーケリングで水中をもっとよく観察してみましょう。そこから車で10分進むと、温泉から繫がるラグーン、ビター・スプリングスがあります。

ノーザンテリトリー、リッチフィールド国立公園、ワンギ滝 © Tourism NT - Jackson Groves

リッチフィールド国立公園でくつろぐ

ダーウィンから約115km離れたリッチフィールド国立公園 には、上から流れる透き通った水が段々になった岩場に流れ込んでできた自然のプール、 バレー・ロックホール(Buley Rockhole) があります。 自分のスペースを確保して、穏やかな水流に癒されながら、体をリラックスさせましょう。さらに泳ぎを楽しみたいなら、ワンギ滝フローレンス滝 などの有名スポットがこの先にあります。

ノーザンテリトリー、ニトミルク国立公園、キャサリン渓谷 © Shaana McNaught 2012

ニトミルク国立公園でカヌーを楽しむ

キャサリン川に合流する13の渓谷があるニトミルク国立公園は、穏やかな水流、美しい景色、低い岩棚に恵まれているので、カヌーで巡るのがおすすめです。 ニトミルク・ツアー(Nitmiluk Tours)社でカヌーをレンタルして、バタフライ渓谷まで川を下り、ピクニックや水泳を楽しみましょう。 または、2日間のツアーに出かけて、自然をさらに楽しみましょう。

ノーザンテリトリー、ティウィ諸島、籠編み © Tourism NT

ティウィ諸島でアートを鑑賞する

「微笑みの島」とも呼ばれるティウィ諸島 は、ダーウィンから北に70kmのところにあり、チャーター機チャーターボートでアクセスできます。 セイル・ダーウィン社(Sail Darwin)が行っている3日間のツアーに参加すると、島の主なアートセンターを巡ることができます。 そのうちの1つ、ザ・ティウィズは、木の彫刻、伝統絵画、鮮やかでモダンなファブリックデザインを専門としています。 アーティストもその場にいることが多いので、直接話をして、製作秘話などを聞いてみましょう。

ノーザンテリトリー、カカドゥ国立公園、ジム・ジム・フォールズ © Kieran Stone

カカドゥでシーニックフライトを楽しむ

世界遺産に登録されているカカドゥ国立公園は、 美しい滝が有名で、トップエンドの6つのエコシステム(岩層、湿地、熱帯林、干潟、山と盆地、氾濫原)すべてがここにあります。 岩層、湿地、熱帯林、干潟、山と盆地、氾濫原その素晴らしい風景を、 遊覧飛行で上空から眺めてみましょう。

ノーザンテリトリー、ダーウィン、ミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット © Shaana McNaught 2012

ダーウィンでミンディル・マーケットのグルメを堪能する

4月から11月の木曜日と日曜日の夜に開催されるミンディル・ビーチ・サンセット・マーケットは、ストリートパフォーマンス、移動遊園地、ストリートミュージック、工芸品や様々なアジア料理の露店など、いつも活気に溢れています。 地元で人気のタイのパパイヤサラダを試したり、ゴー・オン・ビー・ゲーム の露店で、カンガルー・ワニ・バッファローの肉を使ったハンバーガーに挑戦してみましょう。

旅行記

旅行をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading