Site Requires Javascript - turn on javascript!

ボンダイ シドニーのおすすめビーチ郊外


原文:エリー・シュナイダー

オーストラリアで最も有名なビーチ、ボンダイが愛される理由はたくさんあります。ビーチ前の通り、キャンベル・パレード(Campbell Parade)を超えると、カフェやレストラン、デザイナーショップなどが並ぶエリアがあり、地元の人々が好んでボンダイで週末を過ごすことを「ボンダイ・バブル(Bondi Bubble)」と呼び、その魅力は尽きません。高級ホテルのQTボンダイ(QT Bondi)など、数えきれないほど多くの宿泊施設があります。


ニュー・サウス・ウェールズ州、シドニー、ボンダイの地図

シドニーで有名なボンダイからクージーまでのコースタル・トレイルを歩く

ボンダイからクージー(Coogee)までのコースタル・ウォークは、シドニーで最も美しい景色が楽しめる場所の1つです。ボンダイ・アイスバーグ(Bondi Icebergs)のオーシャンプールから始まり、タマラマ・ビーチ(Tamarama beach)とクージー・ビーチ(Coogee beach)の間にある断崖の上の道6kmを歩きます。片道1時間のコースで、それぞれのビーチに公園やカフェ、ピクニックスポットがあり、そこにしかない魅力を備えています。道沿いに泳げる場所がたくさんあります。クロベリー(Clovelly)の少し先にあるゴードンズ・ベイ(Gordons Bay)には小さなオアシスがあり、スキューバ・ダイビングやシュノーケルができるスポットとしてよく知られています。トレイルの終点にある有名な海辺のレストラン、クージー・パビリオン(Coogee Pavilion)は、新鮮で美味しいシーフードや薪窯で焼いたピザ、そしてルーフトップ・テラスからは美しい景色が楽しめます。

知る人ぞ知るワトソンズ・ベイへ行く

ボンダイからワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)まで続く7kmのフェデレーション・クリフ・ウォーク(Federation Cliff Walk)は、混雑のないおすすめのコースです(片道1時間半)。ボンダイ・ビーチの北端にあるミリタリー・ロードを歩いて、ドーバー・ハイツ(Dover Heights)のラリー自然保護区(Raleigh Reserve)へ向かいましょう。砂岩の断崖の上に続く木材でできたウォークウェイを進み、オーストラリア最古の灯台を過ぎたら、太平洋を望む壮大な景色が楽しめるギャップ(The Gap)へと下って行きましょう。ここはシドニーにあるホエール・ウォッチングのベスト・スポットの1つで、5月から11月までがシーズンです。散策の後は、海沿いのパブ、ワトソンズ・ベイ・ブティック・ホテル(Watsons Bay Boutique Hotel)でゆったりとランチを楽しみましょう。

ボンダイのとっておきのレストランであなた流に楽しみましょう

ボンダイは、シドニーで最高のダイニング体験ができる場所になりました。まずは、ポーチ・アンド・パーラー(Porch and Parlour)​のグリーン・ブレッキー・ボウル、またはハリーズ(Harry’s)​の甘いリコッタ・パンケーキで1日をスタートしましょう。アイスバーグ・ダイニングルーム・アンド・バー(Icebergs Dining Room and Bar)​はランチとディナーにおすすめの店で、シドニーの美しい景色を眺めながらイタリアの郷土料理が味わえます。ビーチの反対側にあるノース・ボンダイ・フィッシュ(North Bondi Fish)​は、ウォーター・フロントのロケーションを活かしたシーフード中心のメニューを提供しています。夕方になると、ボンダイのバーは日中ビーチで過ごした人々で賑わっています。ネイバーフッド(Neighbourhood)コーナー・ハウス(The Corner House)などのワインバーでくつろいだり、バケット・リスト(The Bucket List)でピッチャーに入ったカクテルを楽しみましょう。甘いものが食べたくなったら、美味しいジェラートの店、ジェラート・メッシーナ(Gelato Messina)​へ行きましょう。

泳ぎやサーフィンを楽しんだり、緑の丘でのんびり過ごす

日の出とともに、泳ぎやサーフィンを楽しむ人々、フォトグラファーなどがボンダイのビーチへ詰めかけます。ここはサーフィン・フォトグラファーであるユージーン・タン氏が写真に収めているように、たくさんのアクティビティを楽しめる場所です。ボンダイにあるユージーン・タン氏のギャラリー、アクアバンプス(Aquabumps)を訪れて素敵なお土産を探してみましょう。ビーチに立てられた旗は、泳ぐのに安全なエリアを示しています。サーファーが集まるのはビーチの南端です。レッツ・ゴー・サーフィン(Let's Go Surfing)​では、プロのサーファーが指導するプライベート・レッスンやグループ・レッスンを行っています。ひと泳ぎするなら、シドニーで一番有名なプールであり、100年以上に渡ってボンダイのランドマークとなっているボンダイ・アイスバーグ(Bondi Icebergs)​へ行きましょう。清掃日の木曜日以外は、毎日一般向けにオープンしています。グラッシー・ノールはビーチの北端にある小さな緑の丘で、ピクニックやバーベキューを楽しんだり、午後のリラックス・タイムを過ごす地元の人々でいつも賑わっています。 

フェスティバルに参加する

ボンダイでは、1年を通して様々なフェスティバルやイベントが開催されています。毎年10月と11月に行なわれるスカルプチャー・バイ・ザ・シー(Sculpture by the Sea)は、ボンダイからタマラマまでのコースタルウォークが野外美術館へと変貌し、海岸沿いに100点以上の彫刻作品が展示されます。9月には、ビーチが華やぐ凧揚げの祭典フェスティバル・オブ・ザ・ウィンズ(Festival of the Winds)​があり、1月から2月に開催されるオープンエア・シネマ(Openair Cinemas)​では、野外映画館で新作やクラシックなカルト映画が上映されます。冬季(6月から8月)は、ボンダイ・ウィンター・マジック・フェスティバル(Bondi Winter Magic festival)のスケート・リンクでアイス・スケートが楽しめます。また、14kmのコースを走るランニング・イベント、サン-ヘラルド・シティ・トゥー・サーフ(Sun-Herald City2Surf)には、8万人以上のランナーが集まります。

デザイナーズ・ブランドが並ぶグールド・ストリートでショッピング

ビーチからすぐの場所にある高級ショッピングエリアのグールド・ストリートには、​ジャック + ジャック(Jac + Jack)​アネックス(Annex)​ミュージアム(Museum)などのオーストラリアのデザイナーズ・ブランドのブティックが並んでいます。​チュチュージー(Tuchuzy)は地元で人気のショップで、アレキサンダー・ワン、ヘルムート・ラング、ラグ&​ボーンなどの世界的なブランドや、ディオン・リー、ベイシークなどのオーストラリアのトップブランドが揃っています。サングラスを探しているなら、向かいにある​ベイリー・ネルソン(Bailey Nelson)​へ行きましょう。イソップ(Aesop)のラグジュアリーなスキンケア・アイテムは、ギフトとしておすすめです。 

ボンダイ・マーケットで新鮮な食産物と素敵な陶器を見つける

土曜日になると、ボンダイの​地元の人々はまず毎週開催されるファーマーズ・マーケット​へ向かいます。早めに行って新鮮な地元産食材を手に入れたり、芝生に場所を取って世界各地の美味しい料理を楽しみましょう。オリーブオイルやハチミツ、ジャム、ハーブ、スパイスなど、地元で作られた食品も手に入り、その生産者達とも交流できます。日曜日にボンダイ・マーケットに行くと、地元のデザイナーやメーカーが焼いた陶器を見ることができます。スキンケアからファッションまで、家族や友人、そして自分へのお土産が見つかるでしょう。

人気のモデルコース

旅行記

その他の関連記事

旅行をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading

その他のおすすめの場所