Site Requires Javascript - turn on javascript!

エスペランス 真っ白な砂と澄み切った青い海が出会う場所


原文:フルール・ベインジャー

人里離れた、驚嘆に値するエスペランスの町には世界でトップクラスの海岸線があります。丸い岩と穏やかな水流に研磨された、きめ細かな珪砂(クオーツサンド)と水平線に浮かぶ島々。エスペランスは、カンガルーが日光浴に訪れる白浜のラッキー・ベイに最も近い町でもあります。


エスペランスの地図

エスペランスの町をさらに詳しく知る

エスペランスは、ルシェルシュ群島(Recherche Archipelago)として知られる、点在する、緩やかに傾斜した島々を見渡す町。そして、その眺めがエスペランスの魅力です。ランチタイムは、テイラーズ・セント・クオーターズ(Taylors St Quarters)で海を眺めながら楽しみましょう。その後、38km続くグレート・オーシャン・ドライブ(Great Ocean Drive)をドライブすれば、眩い光を放つ白い砂浜のビーチや時が止まったかのような港の景色、自然の潮風の香りが、途切れなく楽しませてくれます。きらめく海で戯れるイルカの群れに出会えるかもしれません。地元の人で賑わうトワイライト・ビーチにも立ち寄りましょう。一風変わったものをお探しの場合は、実物大のイギリスのストーンヘンジのレプリカを見に繰り出し、次にルーズ・グース(Loose Goose)のレストランで素敵なディナーを味わい、一日を締めくくりましょう。

ラッキー・ベイで日光浴をするカンガルーに出会う

カンガルーがラッキー・ベイの向こう岸でくつろいでいるのには訳があります。オーストラリアで有数の真っ白な砂浜だけでなく、ポストカードの写真よりも美しく眩い透明な青い海があるからです。ひっそりとした沿岸のキャンプ場以外に人々の生活の兆しはまったくありません。無料のバーベキュー施設のほか、太陽熱利用温水シャワーとトイレの設備が整っています。エスペランスから60km東方に走ると、ビーチの内側のケープ・ル・グラン国立公園にたどり着くことができます。

ウッディ島に漂流してしまったような気分に浸る

エスペランス周辺の100を超える島々は無人島ですが、ウッディ島自然保護区に日帰り旅行や滞在することは可能です。そこでは、ブッシュウォーキングや水遊び、シュノーケリングや魚釣りなどを楽しむことができます。海を見渡すサファリロッジは、学校が休みの期間に営業し、通常のキャンプサイトは9月から4月まで営業しています。バンディクートやワラビーを見逃さないようにしましょう。出会える確率は高いです。  

先住民アボリジニの視線でビーチを見つめる

地元アボリジニのヌーンガー族の人々は、エスペランスの自然と密接に繋がっています。ケパ・カール・エコ・ディスカバリー・ツアー(Kepa Kurl eco discovery tour)に参加すると、伝統的なアボリジニの土地所有者が、現代まで受け継がれてきた狩猟や集会の儀式について紹介してくれます。ブッシュ・トレイルをハイキングしていくと、海岸沿いに野生動物を見つけることもでき、原生林の新しい姿に気づき始めるでしょう。また、オーストラリア最南端の壁画のいくつかを鑑賞できるだけでなく、ブッシュフードやビリー・ティーを味わうこともできます。希望に合わせて、半日ツアーまたは日帰りツアーが企画されており、宿泊先への送迎も含まれています。

チューインガムのようなピンク・レイクに感動する

ヒリアー湖のフーシャピンクの水は、実際に目にしないと信じられないかもしれません。ルシェルシュ群島のミドル島の木々の背後に位置するこの湖は、シーニックフライト、または島に停泊するボートクルーズ(随時運航)で見ることができます。道を湖に向かって散策する際は、島の暗い過去について尋ねてみましょう。この島は、1826年にマサチューセッツから到着したオーストラリア唯一の海賊、ブラック・ジャック・アンダーソンがかつて根城にしていた場所なのです。彼のキャンプサイトは現在も残されています。

人気のモデルコース

旅行記

その他の関連記事 

旅行をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading

その他のおすすめの場所