Site Requires Javascript - turn on javascript!

バイロン・ベイのおすすめ宿泊施設

エレメンツ・オブ・バイロン

リラックスできる広々とした空間がお望みであれば、エレメンツ・オブ・バイロンがおすすめです。敷地は20ヘクタールの広さがあり、背後には美しい白砂の海岸が広がっています。街の外れのラグーンを取り囲む原生林の中や、スイレンに覆われた小川に沿って、94のヴィラが建てられています。豪華なリゾートプールのほか、緩やかな弧を描いた形のパビリオンにはコンテンポラリーなオープンエアのレストランがあり、新鮮な地元の味覚を味わうことができます。天国のようなオスプレイ・スパ(Osprey Spa)は、流木を取り入れた淡い色合いの内装でまとめられています。さまざまな種類の心地よいフェイシャルやボディのセラピーが用意されており、金、ダイヤモンド、ローズクオーツなどをイメージしたオーストラリア製の製品を使用しています。

144 Bayshore Drive, Byron Bay

クラークス・ビーチ・コテージズ

夏には、波の音が聞こえるシンプルなビーチ・ハウスで家族や友人と過ごす。どうやらこれはオーストラリア人のDNAに組み込まれているようです。ケープ・バイロン・トラスト(Cape Byron Trust)によって改装されたビーチ・ハウスでは、このようなライフスタイルを味わうことができます。トンプソン・コテージ(Thomson Cottage)イメソン・コテージ(Imeson Cottage)ミルデンホール・コテージ(Mildenhall Cottage)など、これらはブッシュランドに囲まれており、クラークス・ビーチの美しい眺めを楽しむことができます。元々は砂を採取するための作業場だった建物ですが、現代の快適さと、レトロな雰囲気をいくらか加えて美しく改装されました。ルーバー式の窓からは海風が入り、海に面した広いデッキはバーベキューに最適です。

Lighthouse Road, Byron Bay

バイロン・アット・バイロン

熱帯雨林での体験がご希望であれば、ザ・バイロン・アット・バイロンはいかがでしょうか。ヤシの木、ペーパーバーク、サイプレスパインなどの木々に囲まれた45ヘクタールの広さの敷地を誇る、豪華な全室スイートのリゾートです。網戸付きのポーチや広々としたリビングスペースは、リラックスするのに最高の場所です。快適なオープンエアのレストランからはプールを見渡すことができ、毎朝開かれる無料のヨガ教室、ジム、スパ、テニスコートなど設備も充実しています。

77-97 Broken Head Road, Byron Bay

アート・ファクトリー・ロッジ

ピッグハウス・フリックス(Pighouse Flicks)ラウンジ・シネマバイロン・ベイ・ブリュワリー(Byron Bay Brewery)の背後にある自然の森に囲まれたアート・ファクトリー・ロッジバイロンでも最もくつろげるホステルとして知られ、公共のスイミングプールにはハンモックも用意されています。ドミトリー、テント小屋、キャンプ場やキャンピングカーを選ぶことができ、カフェやホステルのキッチンも整っています。ブッシュ・タッカー・ウォークや、アボリジニの楽器であるディジュリドゥのレッスンや、週に一度のタレントショー、ヨガ、レイキ、アフリカのドラムセッションなども楽しめます。

Skinners Shoot Road, Byron Bay

ラエズ・オン・ワテゴス

ラエズ・オン・ワテゴスは、バイロンの穴場と言われているサーフィンビーチの背後にある、エキゾチックな魅力のあるホテルです。曲線を描く外観は、ギリシャ風の白漆喰塗りで、木製のよろい戸が付いています。インテリアはアートとアンティークで飾られ、床はイタリア産の大理石。家具のスタイルは折衷的で、モロッコ風のアーチ道も作られています。テラス式のレストランではクッションを敷いた席からビーチを眺めることができ、オープンエアで食事を楽しめる魔法のような場所です。小さなプールや落ち着いたスパもあります。町の灯台には容易に歩いて行くことができますが、これはオーストラリアの最東端の岬に立っています。

6-8 Marine Parade, Byron Bay

クラークス・ビーチ・ホリデー・パーク

美しいクラークス・ビーチを見下ろす自然林に囲まれた、ビーチフロントのホリデー・パークは、バイロン・ベイが美しいだけではなく、お財布にもやさしい場所であることを示しています。家族連れには、ここ以上に素晴らしい場所を想像するのは難しく、キャビンの種類も豊富で、電気のある場所とない場所があります。遊び場、ショップ、ランドリー設備もあり、WiFiも無料で利用できます。隣には素敵なビーチ・バイロン・ベイ(Beach Byron Bay)レストランがあり、町のショップやカフェにも歩いて行けます。

1 Lighthouse Road, Byron Bay

ジ・アトランティック

この3つのコテージから成る隠れ家では、カリブ海のゲストハウスの雰囲気を取り入れたバイロン・ベイの海で過ごすゆったりとしたスタイルと、バイロンのサーフィン文化をうまく組み合わせています。15室の客室には静かな亜熱帯の庭を見下ろすデッキが付いています。庭には寝椅子が点在し、小さなラッププールもあります。またアメリカのエアストリーム(Airstream)社製のキャラバン(トレーラーハウス)に泊まることもできます。宿泊客はさまざまな場所を共同で利用でき、その中には設備の整ったキッチンもあるため、地元のファーマーズ・マーケットで手に入れた食材でごちそうを作ることもできます。親切なスタッフからは地元の情報を聞き出せるほか、サーフボードや自転車を借りることができるので、地元民のように過ごせます。

13 Marvell Street, Byron Bay

オアシス・アパートメンツ・アンド・ツリートップ・ハウジーズ

熱帯の植物が茂る庭に建てられた、広々とした間仕切りのないアパートメントと、床の段差が面白いツリートップ・ハウス。ジ・オアシスは家族連れにぴったりの施設です。温水プール、スパ、サウナ、ジム、テニスコートや、バーベキュー・エリアもあります。アラクウォール国立公園(Arakwal National Park)のブッシュや砂丘を越えて400mも歩いて行けば、広々としたタロー・ビーチ(Tallow Beach)に出ることができます。

24 Scott Street, Byron Bay

その他の関連記事