Site Requires Javascript - turn on javascript!

アデレードのおすすめ宿泊施設

メイフェア・ホテル

アデレードでも指折りのラグジュアリーホテルであるメイフェアは、文化遺産として登録されているアールデコの建物の中にあります。エレガントなロビーや黒いらせん階段は、ニューヨークを彷彿とさせる雰囲気があります。屋上には人気の​ルーフトップバーがあり、スタイリッシュな客室は快適なベッドや広々としたバスルームを備えています。自然光が溢れる角部屋を予約するのがおすすめです。近隣のリー・ストリート(Leigh Street)やピール・ストリート(Peel Street)は、アデレードで人気急上昇中のレーンウェイ(裏路地)のバーやレストランシーンの中心地となっています。

45 King William Street, Adelaide

アディナ・アパートメントホテル・アデレード・トレジャリー

アディナ・アパートメントホテルは、砂岩でできたビクトリア様式の旧財務省の建物を改造したサービスアパートメントで、スタジオ、1ベッドルーム、2ベッドルームの各客室には広々としたバルコニーがあります。ジム、屋内プール、静かな中庭があり、観光で慌しく過ごした後にリラックスすることができます。アデレード中央市場(Adelaide Central Market)まで歩いてすぐなので、新鮮な地元の食材を買って、部屋のキッチンで調理することもできます。WiFiは無料で使用でき、ランドリーの設備もあります。

2 Flinders Street, Adelaide

ザ・ワトソン

ウォーカービル(Walkerville)のトレンス川(River Torrens)の遊歩道の脇にあり、街を見下すモダンな高層ホテルです。南オーストラリア州出身の先住民アボリジニのアーティストであるヤンニマ・ピルカーリ・トミー・ワトソンが描いた鮮やかな色彩の抽象画が飾られているのが目を惹きます。間仕切りのないキッチン付きのスイートやレジデンスアパートメントには、使い心地のよいミッドセンチュリーデザインの家具が置かれ、キッチンや洗濯機もあります。屋外の25mプールやバーベキュー設備、ジム、アートライブラリーもあり、WiFiは無料で使用できます。スマートカー、スクーター、鮮やかな赤色のレッカー(Lekker)製の自転車がレンタルできるので、街を巡るのにとても便利です。

33 Warwick Street, Walkerville

ザ・プレイフォード

ザ・プレイフォード・アデレード・Mギャラリーは、博物館が点在するアデレードのノース・テラス地区の中心部、コンベンション・センター(Convention Centre)とカジノの真向かいにあり、有名なアデレード・オーバル(Adelaide Oval)からもほど近い場所にあります。ソフィテルグループの最高級ブティックブランドならではの魅力あふれるホテルです。アールヌーボースタイルの装飾の個性的な雰囲気で、広々としたプールやジム、スパもあります。

120 North Terrace, Adelaide

イビス・アデレード

ストリートアーティストのゴーストパトロール(Ghostpatrol)によるアート作品や、色とりどりのLEDが光る階段が特徴の、おしゃれでリーズナブルな新しいホテルです。ホテルにお金をかけるよりも、すぐ側にあるプロパガンダ・サパークラブ(Propaganda Supper Club)などのレストランで楽しみたいなら、イビス・アデレード​をおすすめします。シンプルで使い勝手のよい客室です。客室内のエンターテイメント・ハブも気に入るでしょう。ホテルのレストランのメニューを見たり、オンデマンドのエンターテイメント・プログラム、スマートTVアプリなどにアクセスできます。

122 Grenfell Street, Adelaide

マジェスティック・ミニマ・ホテル

個性的でリーズナブルなホテルなら、マジェスティック・ミニマ・ホテルをチェックしてみましょう。コンパクトなスタジオタイプの客室は、何人もの地元のアーティストによって大胆に装飾されています。人気のあるノース・アデレードの郊外の中心部に位置し、無料のWiFi、ランドリー施設、無料レンタル自転車、安全性の高い地下駐車場が利用できます。

146 Melbourne Street, North Adelaide

シーウォール・アパートメント

家族連れにぴったりの個性的なシーウォール・アパートメントは、アデレード郊外の閑静な海辺の街グレネルグにあり、通りの向こう側には砂浜が広がっています。歴史的な7つ建物の内部をモダンなインテリアで改装したもので、1ベッドルームから4ベッドルームまでのアパートメントタイプの部屋が22室あります。スクール・ハウス・ファミリー・アパートメントは、1889年に建てられたテラスハウスの一部を改装したものです。2階建てのオリーブ・コートはスペイン風のインテリアで、1910ビーチ&ボート・ハウス・アパートメントはデコラティブな漆喰の天井やステンドグラスの窓が特徴です。

21-25 South Esplanade, Glenelg

その他の関連記事