Site Requires Javascript - turn on javascript!

ダーウィン周辺のおすすめ休暇スポット

ティウィ諸島

ティウィ諸島(Tiwi Islands)は、ダーウィンの北100kmにあり、フェリーや飛行機で行けます。島々はすぐそばにあり、最小限の観光施設しかありませんが、文化、美しさ、そして冒険が豊富です。海に浮かぶ島々だからこそ、水がきれいで澄んでおり、釣りに理想的な環境です。ティウィ・アイランズ・アドベンチャーズ(Tiwi Islands Adventures)では、釣り船のチャーターを2~6日間で行っています。また、これらの島々では豊かな先住民アボリジニ文化にも触れることができます。ティウィの文化に浸るための最良の方法の一つは、AATキングス(AAT Kings)一日ツアーです。伝統的な芸術を見たり、ティウィの女性たちがバスケットを織ったりするのを見たり、歓迎のスモークセレモニーを体験したりできます。3月中に訪れると、ティウィの人々がオーストラリアのフットボール(AFL)をどれだけ好きなのかもわかります。決勝戦では、毎年何千人もの観光客が島を訪れます。

文化ツアーの詳細

リッチフィールド国立公園

リッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)ダーウィンから南へ車で2時間です。水着を準備していきましょう。リッチフィールドの緑豊かな地域に入ったら、まず、不気味な墓のようなアリ塚、マグネティック・ターマイト・マウンズ(Magnetic Termite Mounds)に寄りましょう。本当に自然には驚かされます。そこから、トルマー滝(Tolmer Falls)を訪れましょう。少し歩くと、雄大な滝を見下ろす展望台に到着します。ここには、オレンジキクガシラコウモリの保護コロニーがあります。上の滝を見るには、45分のループトレイルを歩いて駐車場に戻ります。次に、泳ぎを楽しみたいなら、ワンギ滝(Wangi Falls)フローレンス滝(Florence Falls)​などの有名スポットがこの先にあります。ワンギ滝には巨大な崖の表面、エメラルドトーンのスイミングホールがあり、カフェとアートギャラリーも備わります。フローレンス滝には、シダが並ぶ崖に囲まれ、深いプールに水が落ちていく二重の滝があります。フローレンス滝は公園で最も多くの人が集まる人気の場所なので、訪問を午後遅くまで控えておくと良いでしょう。

ノーザンテリトリーで最高の泳ぎ場を発見する

ニトミルク国立公園

ダーウィンから車で約3時間のニトミルク国立公園(Nitmiluk National Park)には、ノーザンテリトリーで最も雄大な美しさがあります。ここの一番の見所は、13の渓谷が連なるニトミルク渓谷(Nitmiluk Gorge)です。ニトミルク渓谷のそびえる砂岩の壁とその周辺は、息をのむような美しい景観です。日の出や日没のクルーズに参加したり、カヌーを借りたりヘリコプターに乗って忘れられない思い出を作るのに最適です。途中で立ち寄るべきスイミングホールと滝がいくつかあります。レリン(Leliyn)(エディス・フォール(Edith Falls))が人気があります。伝統的な所有者であるジャウィンとダゴメンの人々にとって重要な峡谷について学ぶことができるニトミルク・ビジター・センター(Nitmiluk Visitor Centre)へ立ち寄るのをお忘れなく。渓谷の崖の面に現れる先住民アボリジニの壁画について尋ねてみてください。

ネイチャーズ・ウェイのドライブを辿る

キャサリン

ダーウィンからわずか3時間のところに位置するキャサリン(Katherine)は、ニトミルク国立公園への玄関口として最もよく知られているかもしれませんが、ニトミルク(キャサリン)峡谷を訪れた後にも体験してほしいことがたくさんあります。キャサリン・アウトバック・エクスペリエンスは、アウトバックの生活を紹介するショーで、馬と番犬のデモンストレーションとライブミュージックや面白い物語を融合させています。リラックスしたい方には、エルセイ国立公園(Elsey National Park)内のビター・スプリングスがおすすめです。ここは天然の温水プールです。近くには同様に人気のあるマタランカ温泉プール(Mataranka Thermal Pool)もあります。次に、トップ・ディジ(Top Didj)で2時間半の文化体験をして、その地域の先住民アボリジニ文化に浸ってみてください。ツアーの間、トップ・エンド・アボリジナル(Top End Aboriginal)の芸術家マヌエル・パムカル氏から伝統的な絵画、武器、道具について学ぶことができます。そしてその後、自分で塗ったアート作品を家に持って帰れます。 

キャサリンで3日間過ごす

キープ・リバー国立公園

キープ・リバー国立公園(Keep River National Park)は、ダーウィンから約750km離れた、ノーザンテリトリーの最も遠隔地にある国立公園の1つです。距離に驚くことなかれ。この公園はカナナラ(Kununurra)のキンバリー(Kimberley)の町から車ですぐのところにあります。まずはキープ・リバー・レンジャー・ステーション(Keep River Ranger Station)に寄り、公園の情報をもらってから冒険を始めましょう。毎週2回(火曜日と金曜日)、パークレンジャーが同伴する、午前中のグーランダラン(Goorrandalang)散策に参加することができます。周囲の2億5,000万年前の地質学的特徴を見て回ります。ジャルネム・ループ・ウォーク(Jarnem Loop Walk)では、渓谷や森林、先住民アボリジニの壁画が描かれた古代の岩のシェルターなどを散策して回れます。公園のキャンプ場で夜を過ごしたり、カジュアルなロッジから豪華なアウトバックの隠れ家まで、宿泊施設を探すためにカナナラに戻ってください。

キープ・リバー国立公園についての詳細

カカドゥ国立公園

オーストラリア最大の国立公園、カカドゥ(Kakadu)には、湿地や滝、ビラボン(氾濫原)、絶壁が多くあります。ここの自然は本当に素晴らしく、その美しさを見に行くための方法はいくつかあります。遊覧飛行や四輪駆動車で、公園で最も素晴らしい2つの滝を見に行くことができます。ジム・ジム・フォールズツイン・フォールズです。イエロー・ウォーター・クルーズで、静かなビラボン(氾濫原)をクルーズします。広大な氾濫原の中、イリエワニの横も通り過ぎます。カカドゥには、何千年も前にさかのぼる先住民アボリジニの壁画もあります。1.5 kmのノーランジー・ロック・ウォーク(Nourlangi Rock Walk)を歩いて、壁画が描かれた場所を巡ることができます。カカドゥでも冒険心を満たすことができない場合は、ネイチャーズ・ウェイ(Nature's Way)のルートを選び、他のアウトバックの町や国立公園を旅程に追加すると良いでしょう。

カカドゥ国立公園でできるアクティビティをもっと探す

マリー・リバー地域

ダーウィンから車で1時間行くと、マリー(Mary)やアデレード川地域へ移動できます。ここでは、ジャンピング・クロコダイル・クルーズを楽しむことができます。クルーズは3つの会社から選べます。どのクルーズも、猛禽類が飛び回り、たくさんのワニが棲む水域を進みます。長いフックにくくりつけられたバッファローの肉を食べに、水から飛び上がるワニを見ることができます。アデレード・リバー・クルーズ(Adelaide River Cruises)は最も素朴で楽しい選択肢の一つです。自然を愛する兄弟ハリーとモルゴンによって運営されています。その他の会社としては、アデレード・リバー・クイーン(Adelaide River Queen)スペクタキュラー・ジャンピング・クロコダイル・クルーズ(Spectacular Jumping Crocodile Cruises)があります。ダーウィンに戻る途中、10分ほど行くと、フォグ・ダム保護区(Fogg Dam Conservation Area)があります。この場所は、サギ、ジャビール、クロオウム、カワセミなどの鳥の群れが集まる湿地帯になっています。町に戻る前に少し、熱帯雨林の中をのんびりと散策してみましょう。

マリー・リバーについて詳しく知る

アーネム・ランド

アーネム・ランド(Arnhem Land)は、オーストラリアで最も手付かずで険しい風景の中にあります。ここでは、熱帯雨林、川、離島、そして流れる滝のあるそびえ立つ崖が旅行者を出迎えます。アーネム・ランドは少なくとも4万年以上に渡り、ヨルング族によって所有されてきました。古代と現代の芸術を通して彼らの豊かな文化を体験することができます。有名なインジャラック・アート(Injalak Arts)でアーティストの制作現場を見学して、籠や絵画を購入するのもおすすめです。次に、ガイド付きツアーでアーネム・ランドの広大な原生地域に飛び込みましょう。釣りツアー、文化ツアー、忘れられない景色、野生の水路、野生生物が見られる自然ツアーから選択してください。アーネム・ランドを訪れるには、許可証が必要です。

アーネム・ランドの見どころを検索する

その他の関連記事