Site Requires Javascript - turn on javascript!

パーティマ・フェスティバル 4月

太古の風景を眺める

壮大なウェスト・マクドネル山脈(West MacDonnell Ranges)のふもとにあり、アリス・スプリングスから車でわずか10分のところにあるデザート・パーク(the Desert Park)は、地元のアランダ族(Arrernte)の人々と密接につながっています。アランダ(Arrernte)族の人々の物語と歴史は、彼らが何万年もの間「家」と呼んできたこの土地と織り交ぜられています。マクドネル山脈の3億年前の風景をキャンバスとして、投影された壮観な照明ディスプレイをご覧ください。この古代の風景は自然によって根気よく刻まれ、出来上がったものです。

先住民について詳しく知る

パーティマは、アリス・スプリングスの伝統的な所有者であるアランダ族によって開催され、その素晴らしい作品を展示するためだけでなく、豊かな文化と歴史について学べる機会となっています。フェスティバル期間中に開催される無料の毎日の語学ワークショップには誰でも参加できます。そこでは古代のアランダ語について学ぶことができます。また、定期的な「トーク&アイデア」セッションが開催され、アーティスト(ほとんどが中央砂漠地帯から来ています)、そのアートワーク、アイデアや背景にあるものを掘り下げます。

ワークショップに申し込む

パーティマ・フェスティバルの最大の特徴は、訪問者が盛りだくさんの各種イベントに、参加し没頭することを奨励している点です。毎日のワークショップが開催されており、「槍制作とデモンストレーション(Spear Making Demonstration)」、「マルク・アートと一緒に彫刻制作(Sculpture Making with Maraku Arts)」、「タパジャッチャカ・アーツと一緒にスカルプチャー織り(Sculpture Weaving with Tapatjatjaka Arts)」などのテーマがプログラムの一環として実施されています。こういったインタラクティブなワークショップの定員数には限りがあるので、早めに予約しましょう。

文化を楽しむ

パーティマの期間中毎晩、山々が活気に満ちたアート・プロジェクションで照らされると、砂漠の静寂が活気に満ちたライブ音楽によって賑やかに満たされます。ベーカー・ボーイ(Baker Boy)、ブラック・ロック・バンド(Black Rock Band)、アライブ・スカイ(Alive Skye)などの先住民アボリジニのアーティストが昨年のイベントに出演しているため、現在のラインナップには誰もが踊れるエキサイティングな音楽アクトが含まれることになります。音楽の後は、アリス・スプリングスの中心にあるトッド・モール(Todd Mall)で毎晩午後8時30分に開催される無料の映画をご覧ください。

パーティマ・フェスティバルのハイライト

その他の関連記事