Site Requires Javascript - turn on javascript!

シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディグラ 2月 - 3月

ハイライト動画:シドニー・マルディグラ

マルディグラ・パレードを見る

シドニーのマルディグラ・パレードは、世界最大級のLGBTQIの祭典です。1万人以上の人々が、平等や誇り、自己表現を支持するためにパレードに参加し、シドニーの街の機能が一時ストップするほどです。カラフルな行列には、踊る若者達、有名な「ダイクス・オン・バイクス」、ラメやレザーを使った大小のコスチュームを着た人達が参加し、また、これまでシンディ・ローパー、ジョージ・マイケル、カイリー・ミノーグが出演したビッグスターのショーなども見られます。早めに行き、シドニー中心街の東側にあたるオックスフォード・ストリート(Oxford Street)かフリンダース・ストリート(Flinders Street)で場所を取りましょう。祭典の中心地であるテイラー・スクエアからは、オックスフォード・ストリートへ進んでくるパレードがよく見えます。フリンダース・ストリートとサウス・ダウリング・ストリート(South Dowling Street)の角にあるローカル・タップハウス(Local Taphouse)も、パレードを見る絶好のスポットです。

虹色の旗の掲揚を眺める 

マルディグラのお祭りの幕開けとして、シドニーのクロバー・ムーア市長が市役所(Town Hall)に虹色の旗を掲げます。この旗がはためくのは、この市がLGBTQIのコミュニティを支持していることを示すシンボルであり、マルディグラの期間中、市役所に掲げられています。 

家族を連れてフェア・デイへ

シドニー大学(The University of Sydney)付近のビクトリア・パーク(Victoria Park)で開催されるフェア・デイには、毎年8万人以上の人々が訪れます。大勢の人の中に混じってインターナショナルなバイキング料理を試食したり、地元の商品を買ってみたり、またLGBTQIのコミュニティについてさらに学んでみましょう。メインステージの公演を見たり、ダンステントで夜更けまで踊るのもおすすめです。

マルディグラ映画祭で映画を見る

シドニーを本拠地とするクウィア・スクリーン(Queer Screen)は、LGBTQIのストーリーを語ることを通して、個人と地域社会を結ぶことを使命とする独立組織です。この組織がプロデュースするマルディグラ映画祭(Mardi Gras Film Festival)は、毎年2月に開催され、世界中の優れたLGBTQI映画やドキュメンタリーの新作を紹介しています。映画の大半は街の中心部にあるイベント・シネマ・ジョージ・ストリート(Event Cinemas George Street)で上映されますが、本当にユニークな体験をしたいなら、サリー・ヒルズ(Surry Hills)にあるおしゃれなゴールデン・エイジ・シネマ・アンド・バー(Golden Age Cinema and Bar)​​​へ行ってみましょう。

マルディグラのパーティーで踊り明かす

マルディグラのパーティーはオーストラリアでも最大級の規模を誇るパーティーです。人気のある地元あるいは国際的なミュージシャンが出演者に名を連ねます。過去にはポップ界のスターであり、LGBTQIの支持者でもあるシェールも登場しました。このパーティーで目を惹くのは、さまざななDJ、エンターテインメント、食べ物の屋台、そして演劇の舞台です。

シドニー・マルディグラのハイライト

その他の関連記事