ノーザンテリトリー、カンガルー・サンクチュアリ、クリス「ブロルガ」バーンズ © Tourism Australia

The Kangaroo Sanctuary, NT © Tourism Australia

カンガルーの保護に情熱を注ぐクリス・バーンズ

カンガルーたちの母親としての私の人生

動画:クリス「ブロルガ」バーンズを紹介します。 

なぜニックネームがブロルガなのですか?

カカドゥの先住民アボリジニの友人が、私に「ブロルガ」というあだ名をつけました。これはオーストラリアヅルのことです。私がこの鳥に似ているというのです。そのあだ名が定着しました。

ノーザンテリトリー、アリス・スプリングス、カンガルー・サンクチュアリ、カンガルーの子ども © The Kangaroo Sanctuary

アカカンガルーの子ども © The Kangaroo Sanctuary

私にとって、これは「仕事」ではありません。私はカンガルーを世話にするのが大好きなんです。でも、カンガルーは週7日、1日24時間、世話しなければなりません。カンガルーが眠るときは私も眠り、休憩を取るときも一緒です。

ノーザンテリトリー、アリス・スプリングス、カンガルー・サンクチュアリ、哺乳瓶からミルクを飲むカンガルー © The Kangaroo Sanctuary

カンガルーの餌やり © The Kangaroo Sanctuary

ノーザンテリトリー、カンガルー・サンクチュアリ、毛布にくるまれるカンガルーの子ども © Tourism Australia

毛布にくるまれるカンガルーの子ども © Tourism Australia

それが、私が毎日とても早く起きる理由です。カンガルーの子どもは、人間の小さな子どものように母親や父親が必要です。誰かいつもそばにいてあげなくてはなりません。私はカンガルーの子どもの母親みたいなものです。

ノーザンテリトリー、カンガルー・サンクチュアリ、ツアーガイドの足元をジャンプして横切る小さなカンガルの子ども © Tourism NT/Matt Glastonbury 2017

ツアーガイドの足元をジャンプして横切る小さなカンガルーの子ども © Tourism NT/Matt Glastonbury

カンガルー・サンクチュアリ、毛布にくるまれて抱っこされるカンガルーの子ども © Tourism NT/Matt Glastonbury 2017

毛布にくるまれて抱っこされるカンガルーの子ども © Tourism NT/Matt Glastonbury

次を読む

アウトバックほど美しいものはありません:赤い砂と山々、青い空、黄金色の草、驚くべき動物たちの世界、野生動物、特に私たちのアカカンガルー。

ノーザンテリトリー、カメラを覗き込むカンガルーの子ども © Tourism NT/Shaana McNaught 2016

カメラを覗き込むカンガルーの子ども © Tourism NT/Shaana McNaught