パースでゴー・カルチュラル・アボリジナル・ツアー(Go Cultural Aboriginal Tour)に参加したカップルとカップルのガイド © Tourism Western Australia

Go Cultural Aboriginal Tours and Experiences, Elizabeth Quay, Perth, Western Australia © Tourism Western Australia

パースでアボリジナル文化を体験

キングス・パークと植物園(Kings Park and Botanic Gardens)のヌガー・ツアーズ(Nyungar Tours)のケリー-アン・ウィンマー © Kerry-Ann Winmar

西オーストラリア州、パース、キングス・パークと植物園(Kings Park and Botanic Gardens)、ヌガー・ツアーズ(Nyungar Tours)© Kerry-Ann Winmar

パースでゴー・カルチュラル・アボリジナル・ツアー(Go Cultural Aboriginal Tour)に参加したカップルとカップルのガイド © Archie Sartracom/Tourism Australia

西オーストラリア州、パース、ゴー・カルチュラル・アボリジナル・ツアーズ(Go Cultural Aboriginal Tours)© Archie Sartracom, Tourism Australia

ここでちょっとアドバイス

パース・フェスティバル(Perth Festival)はアボリジナル文化を常に支持しています。最近では、ヌーンガー族の言語でマクベスを脚色した『ヘケート(Hecate)』、ブルース・リーの映画『ドラゴン怒りの鉄拳』がヌーンガーで上演されています。

西オーストラリア州立美術館(Art Gallery of Western Australia)に展示されているクィニー(ガラガラグ)・マッケンジー(Queenie (Garagarag) MCKENZIE)画『ザ・レインメーカー(The Rainmaker)』作品 © Queenie McKenzie, 1998

クィニー(ガラガラグ)・マッケンジー(Queenie (Garagarag) MCKENZIE)画、『ニアミアロニ ― ザ・レインメーカー(Neermeeroni - The Rainmaker)』1998年、キャンバスに自然の染料、顔料、バインダー、100×140 cm。西オーストラリア州立美術館(Art Gallery of Western Australia)、ステート・アート・コレクション。クロード・ホッチン卿アート財団(Sir Claude Hotchin Art Foundation)から購入、西オーストラリア州立美術館財団(Art Gallery of Western Australia Foundation)、2000年 © Queenie McKenzie, 1998

豆知識

アボリジナルピープルが手がけるドット・ペインティングの形態は、1970年代に発展したばかりです。

パースでキー・ナイト・ツアー(Quay night tour)のドリーミングを主導するデジュランディ・ドリーミング(Djurandi Dreaming)のジャスティン・マーティン © Djurandi Dreaming

西オーストラリア州、パース、デジュランディ・ドリーミング(Djurandi Dreaming)© Djurandi Dreaming

読む

アボリジナル文化を理解する

パースのヤガン・スクエア(Yagan Square)で戦士の彫刻を称賛するカップル © Tourism Western Australia

西オーストラリア州、パース、ヤガン・スクエア(Yagan Square)© Tourism Western Australia