日の出時にキングス・キャニオンの上を歩いている女性 © Tourism NT/Mitchell Cox 2017

アリス・スプリングスからウルルへ:レッドセンター・ウェイを巡る7日間のドライブ旅行

アリス・スプリングスからウルルへ:レッドセンター・ウェイを巡る7日間のドライブ旅行

熱気球からアリス・スプリングスを見渡している女の子 © Tourism NT/Laura Bell 2017

ノーザンテリトリー、アリス・スプリングス、レッドセンターでの熱気球体験 © Tourism NT/Laura Bell 2017

グレン・ヘレン峡谷で岩を飛び越える男性 © Tourism NT

ノーザンテリトリー、レッドセンター、グレン・ヘレン渓谷 © Tourism NT

豆知識

エルリ―・クリーク・ビッグホール(Ellery Creek Big Hole)は、何千年分もの洪水によって作られました。現在は、西マクドネル国立公園で最も人気があり、絵画のように美しいスイミングスポットになっています。

ノーザンテリトリー、レッドセンター、西マクドネル山脈、オーミストン渓谷 © Tourism NT

ノーザンテリトリー、西マクドネル山脈、オーミストン渓谷 © Tourism NT

上空からワタルカを眺める © Tourism NT/Matt Glastonbury

ノーザンテリトリー、レッドセンター、ワタルカ国立公園 © Tourism NT/ Matt Glastonbury

ここでちょっとアドバイス

歩きながら、視線を下に向けるのをお忘れなく。キングス・キャニオンは、かつて先史時代には水中にあったため、岩のふもとにピンク色がかった海洋化石を見ることができます。

ノーザンテリトリー、レッドセンター、ウルル - カタ・ジュタ国立公園、サウンズ・オブ・サイレンス © Tourism NT

ノーザンテリトリー、レッドセンター、ウルル - カタ・ジュタ国立公園、サウンズ・オブ・サイレンス © Tourism NT

ノーザンテリトリー、レッドセンター、ウルル - カタ・ジュタ国立公園、ウルル © Tourism NT

ノーザンテリトリー、レッドセンター、ウルル - カタ・ジュタ国立公園、ウルル © Tourism NT

見逃せない経験

午前中、ウルルの風景は、落ち着いた色合いから鮮やかな輝きへと移り変わり、気温次第でしばしば霧がかかることもあります。

ノーザンテリトリー、レッドセンター、カーティン・スプリングス・ステーション、マウント・コナー © Tourism NT

ノーザンテリトリー、レッドセンター、カーティン・スプリングス・ステーション、マウント・コナー © Tourism NT

この記事はノーザンテリトリー政府観光局と共同執筆したものです。ノーザンテリトリーのドライブ旅行の詳細については、 northernterritory.comをご覧下さい。