Site Requires Javascript - turn on javascript!

ヘロン島 サンゴ礁のリゾートライフ


原文:カトリーナ・ロブリー

クイーンズランド州サザングレートバリアリーフにある見事なサンゴ礁のように、ヘロン島では絵葉書のような月桂樹を楽しむことができます。シュノーケリングとダイビングをするだけの熱帯の楽園でなく、様々な野生動物が棲んでいる楽園です。


クイーンズランド州、ヘロン島の地図

デイビッド・アッテンボロー卿の足跡をたどる

世界的に有名なナチュラリスト、デイビッド・アッテンボロー卿は、グレートバリアリーフを中心にした彼のドキュメンタリーシリーズにヘロン島を含めました。デイビッド・アッテンボロー卿のようにして、ピソニアの木にとまるブラックノディなど、島の野鳥を見つけましょう。鳥は訪問者にしばしば大きな印象を与えます。なぜなら、最大10万羽がこの島で繁殖するからです。

ウミガメの一生を見る

アオウミガメとアカウミガメは、毎年ヘロン島に戻って、30年も前に孵化した同じ場所に営巣します。彼らが巣を掘るためにビーチを上って来るとき、カメにストレスを与えないように、訪問者に厳密なガイドラインがあります。カメの卵が孵化する時が来たら、訪問者はホテルの部屋の外に集まって小さな生き物が海の中へ去っていくのを見ることができます。カメの営巣と孵化を見られるのは10月から4月までです。

好きなだけシュノーケルとダイビング

ヘロン島はシュノーケリングの楽園です。特別な何かを見るためにボートは必要ありません。足ひれを履いてビーチからターコイズブルーの海に入るだけで、鮮やかな青いヒトデ、ナマコなどに出会えます。島も21ヶ所のダイビングスポットの近くにあり、すべて15分以内です。海中探検家のジャック・クストーは、ヘロン・ボミー(巨大水中サンゴのアレンジメント)を地球上で彼のお気に入りのダイビングスポットの1つと名付けました。

(濡れずに)ダイビングに出かけよう

島の小型潜水艦I-SPYの船体内に座って、水中の生き物 - ウミガメ、マンタ、鮮魚、海蛇など - を濡れること無く見ることができます。ガイドが大きな窓を通してツアー中に水中の見どころを案内してくれます。マリンセンターで予約してください。

ヘロン島の研究ステーションを訪問

1951年からある南半球最大の島の研究センターには基本10人が所属しており、研究生が到着するにつれて人数は変動します。研究テーマはカタツムリからクジラに至るまで様々です。リゾートのゲストは、1時間のガイド付きツアーとウォーキングで研究所について学ぶことができます。

グレートエイトの海洋生物を見物する

アフリカにはビッグファイブがある様に、グレートバリアリーフにはグレートエイトがあります。ヘロン島周辺では、この素晴らしい海洋生物のリスト達成に向けて活動できます:マンタ、クジラ、カメ、カクレクマノミ、ハタ、シャコガイ、マオリ・ラッセおよびサメ。

グレートエイトの海洋生物を見物する

アフリカにはビッグファイブがある様に、グレートバリアリーフにはグレートエイトがあります。ヘロン島周辺では、この素晴らしい海洋生物のリスト達成に向けて活動できます:マンタ、クジラ、カメ、カクレクマノミ、ハタ、シャコガイ、マオリ・ラッセおよびサメ。

グレートエイトの海洋生物を見物する

アフリカにはビッグファイブがある様に、グレートバリアリーフにはグレートエイトがあります。ヘロン島周辺では、この素晴らしい海洋生物のリスト達成に向けて活動できます:マンタ、クジラ、カメ、カクレクマノミ、ハタ、シャコガイ、マオリ・ラッセおよびサメ。

リゾートに宿泊する

日帰り旅行者が許可されていないため、訪問者がヘロンに来ることができる唯一の方法は109室のリゾートを予約することです。宿泊施設は、鳥をひきつけるピソニアの森の中に隠された部屋から、ビーチへのアクセスが可能な一軒家まで、さまざまです。館内レストランでは食事を提供しています。土曜日にはシーフードビュッフェを用意しています。プライベートな昼食には、ピクニック・セットを注文してビーチに向かいましょう。  

人気のモデルコース

旅行記

その他の関連記事 

旅行をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading

その他のおすすめの場所