Site Requires Javascript - turn on javascript!

レディー・エリオット島 水中のパラダイス


原文:カトリーナ・ロブリー

貴重な海洋生物に、サンゴが砕けてできた砂の白くきらめくビーチ。漂流気分を気軽に味わえるレディー・エリオット島は、グレート・バリア・リーフの南端に位置しています。エメラルドグリーンに囲まれた島は徒歩で一周45分程度。ダイビングやシュノーケリングでは巨大なマンタ、色とりどりのサンゴ、熱帯魚、ウミガメ、イルカなどに出会えます。 


クイーンズランド州、レディー・エリオット島の地図

マンタに出会う

プロダイビングインストラクターの世界組織(PADI)から、マンタと一緒にダイビングできる世界トップ5のスポットにランキングされたレディー・エリオット島。マンタが多数集まるのは5月から9月ですが、年間を通してマンタと一緒にシュノーケリングやダイビングを楽しめます。おとなしくて美しいマンタは​全長7m(23フィート)にもなります。 

ウミガメ観賞ツアーに参加する

毎年11月から2月にかけて、アオウミガメやアカウミガメが産卵のためにレディー・エリオット島にやってきます。ガイド付きのナイトツアーに参加するとその光景が見られます。日没後、リゾート周辺の砂浜に上陸したウミガメが、深い穴に80~180個もの卵を産む様子を観察しましょう。2月から4月に島を訪れると、無数のウミガメの赤ちゃんが砂から出てきて海に帰っていくのを見られます。 

サンゴ礁を歩いて探検する

足を保護するリーフシューズを履いて、リーフウォーキング用のポールを手にしたら準備完了。島で毎日行われているガイドツアーに参加して、ラグーンのサンゴ礁を隅々まで探検しましょう。シースコープという道具を使うと、ナマコ、ヒトデ、ウニ、サンゴ、貝、カニなどの海洋生物や無数の色鮮やかな魚を観察できます。 

スキューバダイビングの楽園を満喫する

島周辺にある20のスポットでのスキューバダイビングでは、世界一大きな水族館にいるような気分を味わえます。海水は澄んでいて、1年の大半は水深20m(66フィート)まで見通せます。巨大なマンタやアオウミガメ、アカウミガメ、タイマイが泳ぐ様子を見逃すこともありません。 

サンゴ礁の夜の生態に迫る

昼間のサンゴ礁でシュノーケリングやダイビングも最高ですが、夜間のグラスボトム・ボート・ツアーでは水中の世界をまったく別の角度から眺められます。ボートにはUVライトが付いていて、サンゴのポリプが開くところやさまざまな海洋生物が夜間に活動する様子を観察できます。

人気のモデルコース

旅行記

その他の関連記事

旅行をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading

その他のおすすめの場所