ノーザンテリトリー、ウルル-カタ・ジュタ国立公園、カタ・ジュタ © Tourism NT, Jason Charles Hill

カタ・ジュタガイド

原文:ステファニー・ウィリアムズ

カタ・ジュタは太古の巨大な岩群で、オーストラリアのレッドセンター(Red Centre)にあるウルル(Uluru)から約30kmのところに位置します。 ウルルとカタ・ジュタは、ウルル-カタ・ジュタ国立公園の二大ランドマークです。 カタ・ジュタは36のドーム状の岩から成り、これらの岩が20km以上に渡って広がっています。この中で最高峰はマウントオルガです。探検家アーネスト・ジャイルズにより、ヴュルテンベルクのオルガ女王に敬意を表して名付けられました。

ウルル-カタ・ジュタ国立公園は、伝統的な所有者であるアナング族(Anangu)とパークス・オーストラリア(Parks Australia)が共同で管理しています。 この地に22,000年以上も居住しているアナング族の人々にとって、カタ・ジュタは聖地です。カタ・ジュタの砂岩ドームは、約5億年前のものであると言われています。

カタ・ジュタとは、アボリジニのピチャンチャチャラ語で"数多くの頭"という意味です。カタ・ジュタに関連したピジャンチャチャラの伝説はたくさんあります。例えば、偉大な蛇の王であるワナンビはオルガ山の頂上に住んでいて、乾季にだけ下山するという伝説です。アナング族のアボリジニ文化において、カタ・ジュタは男性の聖地であり、この地にまつわる数多くの伝説は秘密裏に語り継がれています。

ノーザンテリトリー、ウルル-カタ・ジュタ国立公園、カタ・ジュタ © Tourism Australia

カタ・ジュタの重要性について学ぶ

ウルル-カタ・ジュタ国立公園は、その自然と文化の両方の価値が認められ、ユネスコの世界遺産地域として登録されています。まず始めにウルル-カタ・ジュタ・カルチャー・センター(Uluru-Kata Tjuta Cultural Centre)を訪れ、カタ・ジュタを巡るトレイルの重要性について学びましょう。 そうすれば、カタ・ジュタを巡る前に、巨岩群とこの大地の神聖さについて理解を深めることができます。カルチャー・センターには先住民の人々が運営する店があり、地元の作家によるアート作品、土産物、軽食やドリンクなどが販売されています。また、バーベキュー設備や化粧室もあります。

Helicopter tour at Uluru-Kata Tjuta National Park, NT © Shaana McNaught, Tourism Northern Territory

カタ・ジュタの上空をヘリコプターで飛ぶ

ヘリコプターに乗って、カタ・ジュタのスケールの大きさを実感しましょう。 フライトでは、ウルルの上空も飛行してくれます。カタ・ジュタは広大で、聖地や進入禁止のエリアもあるため、ヘリコプターのフライトは岩群の全貌を見るのに最良の方法です。このツアーは、日の出から日の入りの時間帯に行われています。

Kata Tjuta, Uluru-Kata Tjuta National Park, NT © Shaana McNaught, Tourism Northern Territory

様々なレベルのウォーキングトラックを楽しむ

黄土色をしたカタ・ジュタの形相は幻想的な魅力があり、旅行者の中にはウルルよりも美しいと考える人もいます。気軽な散策コースから長距離のハードなコースまで、さまざまなウォーキング・コースが多数あります。 2.6kmのワルパ渓谷ウォーク(Walpa Gorge Walk)は、カタ・ジュタ周辺で短距離で気軽に挑戦できるトレイルの一つです。最長のトレイルは、7.4kmの風の谷ウォーク(Valley of the Winds Walk)です。コースには急勾配なところもありますが、チャレンジする価値はあります。岩のドームの間を抜け、小川の川底を歩きながら、カル展望地とカリンガナ展望地を目指します。コース全体の所要時間は約4時間です。団体ツアーが到着する前の早朝にウォーキングをするのがおすすめで、この時間帯は野生動物も活発に活動しています。気温が36℃に達すると、トレイルは閉鎖されます。夏季(12月~2月)にはよくあることです。

ノーザンテリトリー、ウルル-カタ・ジュタ国立公園、マルク・アーツ © Tourism Australia

Visit Aboriginal art galleries and meet the artists

One of the ways local Aboriginal people share their ancient stories is through art. While you're here, visit one of the art galleries. There are a number of galleries in the Cultural Centre, including the Walkatjara Art Centre (a working art centre owned by the local Mutitjulu community) and Maruku Arts, where you can join a workshop or tour. 

ノーザンテリトリー、ウルル-カタ・ジュタ国立公園、ロンギチュード131° © Longitude 131

Spend the night near Kata Tjuta

The Kata Tjuta dune viewing and sunset viewing areas offer magnificent panoramic views of the domes and are relaxing places to sit and absorb the ever-changing landscape. At sunrise and sunset, the domes glow and turn a deep shade of red. You can't camp or stay within the Uluru-Kata Tjuta National Park, but some of the best places to stay near Kata Tjuṯa lie on the park's border. Ayers Rock Resort has options from camping to five-star luxury. For a unique and luxurious immersion into the environment, stay at Longitude 131°. Away from the city lights, you'll see an incredibly vibrant night sky. Guests will enjoy Table 131° – a night of al fresco dining accompanied by an interpretive astronomy talk.

旅行記

旅行をしましょう

申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading