Site Requires Javascript - turn on javascript!

メルボルンのおすすめ宿泊施設

QT メルボルン

ユニークなデザインと遊び心のある雰囲気で評判のQT ホテル(QT Hotels)は、オーストラリアで指折りの人気を誇るブティック・ホテル・グループです。メルボルンのQTホテルはグループ内でもトップクラスです。目を奪うアートのインスタレーションや、客室に辿り着くまでのひとときも楽しめるエレベーターなど、お馴染みののQTならではの特徴に加え、グラフィティデザインのカーペット、そして、オープンスペースになっているバスルームを個室に変える日本式の引き戸などのこだわりが部屋のあちこちに見られます。ルーフトップ・バーとレストランのパスカル(Pascale)は、宿泊客だけでなく地元の人々にも人気です。

133 Russell Street, Melbourne CBD

ライアル・ホテル&スパ

飾りすぎないエレガンスが魅力のライアル・ホテル&スパ(Lyall Hotel and Spa)は、アットホームな雰囲気でありながら、3階建てのスパを含め、高級ホテルのサービスが存分に堪能できます。ライアルの居心地の良さは、ショップやレストランが並ぶチャペル・ストリート(Chapel Street)やトゥーラック・ロード( Toorak Road)の近くであるにもかかわらず、ホテルで贅沢な夜を過ごしたくなるほどです。シャンパン・バーや客室のテラスでドリンクを楽しみ、広いライブラリーで選んだ映画を部屋でゆっくり鑑賞してはいかがでしょうか。ルームサービスは24時間営業なので、ディナーの注文を急ぐ必要もありません。

16 Murphy Street, South Yarra

クラウン・タワー

グラマラスな大都会の雰囲気を味わうなら、クラウン・タワー(Crown Towers) が一番のおすすめです。ラグジュアリーな客室には、メルボルンの中心街を真正面から望む景色、ふかふかのベッド、広いバスルームなど、すべてが揃っています。このホテルの最大の見どころは、クラウン・コンプレックスにある素晴らしいレストランの数々です。ヘストン・ブルメンタール、ニール・ペリー、ギヨーム・ブラヒミ、ノブなど、トップシェフが率いる店が勢ぞろいしています。スパで至福の時間を満喫したり、ホテルで過ごしたくなる理由はたくさんあります。外出したくなっても、中心街は歩いてすぐです。

8 Whiteman Street, Southbank, Melbourne CBD

オルセン

オーストラリアのアートに興味があるなら、オルセン(The Olsen)やその姉妹ホテルがアート・シリーズ(Art Series)コレクションにあります。ここでは、朝起きるとオーストラリアで最も愛されているアーティストの作品を見れることが醍醐味です。ファッショナブルなチャペル・ストリート(Chapel Street)に立ち並ぶカフェやブティックの中心にあるオルセンは、流れるような線と淡い色彩が特徴の風景画家ジョン・オルセンの作品を展示しています。ロビーの壁画のほか、美術館レベルのオルセン氏の版画作品が各客室に飾られています。何より、オルセン氏がメルボルンを訪れる時はこのホテルに宿泊するので、朝食の席で彼にばったり会うことがあるかもしれません。

637-641 Chapel Street, South Yarra

オヴォロ・レーンウェイズ

ほとんどのホテルがそれぞれの顧客層を把握し、ビジネス旅行者か観光客のどちらかにターゲットを絞っているものですが、オヴォロ・レーンウェイズ(Ovolo Laneways)は、どちらのターゲットも迎え入れるホテルです。メルボルンの中心街というロケーションの良さと、アパートメントスタイルの客室は出張者向きですが、ロビーを飾るシルバーの球体のデコレーションなど、遊び心のあるインテリアは観光客も楽しめます。実用本位のオヴォロでは、温かい朝食やプールはありませんが、ほとんどの宿泊客は無料のミニバーがあれば満足しています。

9 Little Bourke Street, Melbourne CBD

プリンス

このユニークで隠れ家的なデザインホテルは、メルボルン郊外の海辺の街セント・キルダ(St Kilda)にあり、とにかくお洒落なホテルです。シティのベスト・スパのひとつである贅沢なオーロラ・スパ(Aurora Spa)がホテル内にあり、華やかなレストラン、よりカジュアルなバー、生演奏もそろっています。白い壁とダークブラウンの木材をあしらった広い客室は、豪華というより居心地の良い雰囲気ですが、ホテルの近くにセント・キルダの見どころがたくさんあるので、部屋で過ごす時間はそれほど長くないはずです。ただし、ザ・デッキと呼ばれるスタイリッシュなプールエリアは、行くべきです。

2 Acland Street, St Kilda

アデルフィ

アデルフィ(The Adelphi)はデザートをテーマにしたホテルですが、それほど個性が強いわけではありません。都心にあり、光沢のあるチョコレート色のインテリアや、色鮮やかなリコリスからインスパイアされたスツール、幾何学模様の絨毯、マットなスチールを使ったバスルームなど、デザインに興味がある人も甘党の人も満足できるホテルでしょう。ホテル内のデザートバー、 オム・ノム(Om Nom) は言うまでもなく有名ですが、広々とした客室や無料のミニバーなど、アデルフィを選ぶ理由は他にもいろいろあります。さらに、街で一番有名なルーフトップ・プールもあります。

187 Flinders Lane, Melbourne CBD

その他の関連記事