西オーストラリア州、ロットネスト島 © Tourism Western Australia

ロットネスト島ガイド

原文:コール・ラティマー

ロットネスト島(Rottnest Island)で、ビーチの柔らかい砂の上でリラックスしたり、豊かな海洋生物を観察したり、世界で一番幸せな小さな動物と出会ったりしましょう。地元の人々は親しみを込めてこの島を「ロット」と呼び、夏の週末は、都会の喧騒から逃れてくる家族連れで賑わい、人々は美しく穏やかな海で泳ぐのを楽しみます。島では車の通行が禁止されているので、島での移動は自転車をおすすめします。島へ渡るフェリーの会社でレンタルするか、島に着いてからでもレンタル可能です。

西オーストラリア州、ロットネスト島、スカイダイブ・ジェロニモ、ロットネスト・フリーフォール(Rottnest Freefall) © Skydive Geronimo

飛行機からダイブする

ロットネスト島のビーチに向かってターコイズ色の海の上をスカイダイビングして、西オーストラリア州の壮大な海岸線の素晴らしい景色を体感しましょう。心臓がドキドキするだけではありません。驚くほど素晴らしい島を眺める最高のポイントのひとつがスカイダイビングなのです。地上に降り立ったら、忘れられない体験を祝ってドリンクで乾杯しましょう。スカイダイブ・ジェロニモ(Skydive Geronimo)には研修を受けて経験豊富なスカイダイビングのインストラクターがいるので、快適で安全にスリル満点のスカイダイビングに挑戦できます。ここは西オーストラリア州で唯一、島でのスカイダイビングが体験できるスポットです。

西オーストラリア州、ロットネスト島、ホエールウォッチング © Tourism Western Australia

ホエールウォッチングに行く

ロットネスト島は、西オーストラリア州の海岸沿いを毎年回遊するザトウクジラやミナミセミクジラを見られる絶好のロケーションです。毎年4月、インド洋で餌を探したり出産したりするために、約3万5千頭のクジラが南極から北へ向かって移動を始めます。生まれたばかりの赤ちゃんクジラと一緒に南極へ戻る途中、8月下旬から11月の間、ロットネスト島の保護水域に長期間留まります。新設されたウエスト・エンド・ボードウォーク(West End Boardwalk)は、ホエールウォッチングのベストスポットの1つで、自転車かアイランド・エクスプローラー(Island Explorer)のバスでアクセスできます。 

西オーストラリア州、ロットネスト島、ザ・ベイシン(The Basin) © Tourism Western Australia

ビーチに行く

ロットネスト島には63ものビーチがあり、遊泳やダイビング、サーフィン、釣り、シュノーケルなどのウォータースポーツを楽しめる絶好の旅先です。トムソン・ベイ(Thomson Bay)にあるジャスト・フォー・ファン・アクア・パーク(Just 4 Fun Aqua Park)は、ボートフロートやボルダリング、障害物コース、レンタルできるパドルボードなどがあり、子供達が元気に遊べる場所です。ビーチから入り江までの移動にはアイランド・エクスプローラーのバスが便利で、1日パス、ウィークエンドパス、ホリデーパスなどが販売されています。90分で島をひと巡りするディスカバリー・バス・ツアー(Discovery Bus Tour)に参加すると、島の文化・歴史遺産や動植物について学べます。ガイド付きのウォーキングやセグウェイツアーもあり、トムソン・ベイの入植地や第二次世界大戦の砲台・砲座を巡れます。

西オーストラリア州、パース、ロットネスト島、クオッカ © Tourism Australia

クオッカに会う

ロットネスト島には、世界で最も可愛らしくフォトジェニックな動物、クオッカが生息しています。オーストラリア本土にある小さなコロニーを除けば、クオッカを見ることができるのは世界でここだけです。クオッカはワラビー属の小さな動物で、島に数多く生息しており、人間を怖がらないため観光客に近寄ってくることもよくあります。クオッカに触ったり餌をあげたりするのは法律で禁止されているので、適切な距離をとり、自撮り棒を使って最高のセルフィーを撮りましょう。ロットネスト島は、ギルバートネズミカンガルーの住みかでもあります。世界で最も絶滅の危機にあるほ乳類の一種で、種を保護するために島に移されました。

西オーストラリア州、ディスカバー・ロットネスト・アイランドのグランピング、デラックス・デューン・テント(Deluxe Dune Tent)の室内 © Discovery - Rottnest Island

ビーチに面した豪華なテントに宿泊する

こんなに多くの魅力的なビーチがあるロットネスト島で、静かな夜に浸ってみたいと思いませんか。有名なピンキー・ビーチ(Pinky Beach)の砂丘の陰にあるディスカバー・ロットネスト・アイランド(Discovery - Rottnest Island)は、ビーチに面した最高の隠れ家です。このリゾートには83の家具完備のエコ・テントがあり、ファミリー・テント、リゾート・プール、プールサイドのバーも併設しています。それぞれのテントは歩道でピンキーズ・ビーチ・クラブ(Pinky's Beach Club)に繋がっています。ここは日の入りを眺めながら夕食やカクテルを楽しむ究極のスポットです。 

旅行記

旅行をしましょう

申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading