Site Requires Javascript - turn on javascript!

魅力的な自然体験

キャンベラで花の祭典「フロリアード」を楽しむ

オーストラリアでは、いつ、どこに行っても、ワクワクするようなイベントが目白押しです。9月か10月に旅行する場合は、100万本以上もの花が咲き誇る首都キャンベラを是非訪れましょう。南半球最大の花の祭典「フロリアード」では、園芸ワークショップ、音楽、エンターテイメントなど、魅力的なプログラムが用意されています。夜更かしが好きならば、フロリアード・ナイトフェストで、イルミネーションに照らされた花壇や夜間のエンターテイメントを楽しみましょう。1か月の開催期間中、花の観賞は無料ですので、ファミリーのお財布にもやさしいイベントです。

キャンベラで過ごす最高の3日間を見る

オーストラリアの色彩豊かなワイルドフラワーカーペットを散策する

オーストラリアのイメージが白い砂浜と大きな波ならば、これはきっと新しい発見です。西オーストラリア州では、6月から11月にかけて12,000種類ものワイルドフラワーが250万平方キロメートルにわたって咲き乱れ、一帯を豊かな色彩と香りで埋め尽くします。ここは世界中で最も多種類のワイルドフラワーに出会える場所で、そのうちの60%近くは、地球上の他の場所では見ることができません。ガイド付きのツアーに参加して、パースのキングス・パークを散策したり、シティ郊外まで足を運んで、この国の色彩豊かな一面を目に焼き付けましょう。

ワイルドフラワー巡りに最適な旅程を読む

タスマニア州の活気あふれる自然の風景を撮影する

タスマニア州には、とびきり美しい風景が広がり、プロ、アマチュアを問わず写真家のお気に入りの場所になっています。夏(12月から2月)の間、インスタグラムには紫色のラベンダーの写真が溢れかえっています。ラベンダーは州の東海岸に点在する農地で栽培されていて、中には全長200kmに及ぶ畑もあります。ラベンダー畑ではインスタグラム用の素敵な写真を撮ることができますが、この場所の魅力は写真撮影だけではありません。香りの良い石けん、ハンドクリーム、お茶、ラベンダー味のアイスクリームも楽しむことができます。秋にタスマニア州を訪れるのなら、クレイドル・マウンテンに足を運び、地元の人々が言う「ファガスの変化(the turning of the Fagus)」、つまりタスマニア州の落葉性のブナ林が緑から鮮やかな赤やオレンジ、金色に変わっていく様子もぜひご覧ください。

タスマニア州の色彩の変化について知る

芸術と文化の見どころを巡る

オーストラリアには、心を奪われるほど感動する文化的な見どころがたくさんあります。手始めにシドニー・オペラ・ハウスで公演を鑑賞しましょう。ここでは、オペラ、演劇、クラシック音楽、バレエなど、毎週40を超える演目が上演されています。キャンベラでは、オーストラリア民主主義博物館でオーストラリアの政治制度の誕生について学んだ後、国会議事堂で政治家が現在の問題について議論している様子を見学することができます。ホバートまで南下したら、オーストラリア最大の私設美術館MONA(ミュージアム・オブ・オールド&ニュー・アート)で、刺激的な美術コレクションを鑑賞しましょう。岩の崖を利用して造られた広大なギャラリーには、物議を醸す作品が並べられており、iPod touchのセルフガイド音声ツアーによる解説を聞くことができます。

オーストラリアの文化的見どころについて知る

オーストラリアのカラフルな湖の写真を撮影する

はっとするような青色や緑色で彩られたオーストラリアの海岸は人々を魅了する人気スポットですが、一味違う体験をするなら、カラフルな湖への旅もお勧めです。オーストラリアのゴールデン・アウトバック地域には、風船ガムのようなピンク色の湖が点在し、写真家にとって夢のような光景が広がっています。最も有名なピンク色の湖はヒリアー湖で、西オーストラリア州のエスペランス近郊にあります。同地域のカルグーリー近郊にはバラード湖もあり、そのキラキラと光る塩湖には常設アートとして51体もの金属製の像が設置されています。南オーストラリア州には、世界最大の一時湖であるエア湖があります。湖水の有無にかかわらず、その色鮮やかな風景は驚くほど美しく、中でも遊覧飛行での上空からの眺めはまさに絶景です。

オーストラリア南西部の絶景スポットを巡る

熱気球に乗って内陸地域を見下ろす

海岸から内陸に向かうと、オーストラリアの内陸地域の魅力を発見できます。上空から見た古風な町並み、緑豊かな熱帯雨林やワイン産地は、まさに壮観です。熱気球からは、眼下に広がる雲を見下ろしたり、カントリーサイドの日の出を眺めたりすることができます。キャンベラでは、シティ上空から国会議事堂やその他の見どころを見ることができます。シドニー近郊のハンター・バレーやメルボルン近郊のヤラ・バレーでは、美しく刈り込まれたブドウ畑の上空を通過した後、着陸してシャンパン付きの朝食をいただきます。新たな1日を気持ちよく、ロマンチックに始めるのに、最適なツアーです。

ヤラ・バレーで過ごす最高の3日間

天然のプールで遊ぶ

オーストラリアならではの体験をするなら、美しい水場で泳いでみましょう。国内には、驚くような遊泳スポットがいくつもあります。シドニー近郊のロイヤルナショナルパークには、自然によって形成された完全に対称な「8」の形をしたFigure Eight Poolsがあり、インスタグラムで話題を呼んでいます。ただし、ここにたどり着くには数時間にわたって歩く必要があり、また遊泳可能かどうかは潮の状況や気象条件に左右されることから、ガイド付ツアーの利用をお勧めします。ノーザンテリトリーのリッチフィールド国立公園には、小さな滝が連続してきれいな滝つぼへと流れ込むフローレンス・フォールズがあります。オーストラリアには地熱で温められたプールもあります。エル・クエストロ(El Questro)(西オーストラリア州のキンバリー地域にある広大な原生公園)には、いくつかの温水プールとその周囲を取り囲むビロウヤシ(Livistona palm)の木々からなるオアシス、ゼベディー・スプリングスがあります。この場所は午前中は公園の一般訪問客にも開放されていますが、午後の利用は公園内の農家に滞在しているお客様のみとなります。

オーストラリアをもっと知る