Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアで見逃せないアクティビティ・トップ20

プライベート・ヨットでアイランド・ホッピング(しかもリーズナブルな価格で!)

ウィットサンデー諸島(Whitsunday Islands)の風はほとんどいつも最高で、海は穏やか、景色は圧巻です。ここでは74の島をアイランド・ホッピングしながら世界でトップクラスのセーリングを体験できます(このうち69の島は無人島です)。ベア・ボートというスタイルの乗組員なしのチャーター船で必要なものとあなたの友人を乗せて夕日を見にセーリングしましょう。セーイリング経験のない人でも、カンバーランド・チャーター・ヨット(Cumberland Charter Yachts)などの会社がヨットや安全性について説明をしてくれます。このあとは自由にセーリングできますが、1日2回の無線からの呼びかけに応答することと、今どこにいるのか、これからどこに行くのかを伝えることが条件です。海岸沿いの街 エアリー・ビーチ(Airlie Beach)から出航するか、またはヘイマンやハミルトン島までヨットを着けてもらうこともできます。

豪華列車に乗って大陸横断

この列車は、オーストラリア中心部を放浪していたアフガニスタンのラクダ乗りたちにちなんで名づけらています。熱帯地域、フリンダース山脈(Flinders Ranges)の山々、焦げつくような暑さの砂漠、キャサリン渓谷(Katherine Gorge)、レッドセンター(Red Centre)など、2,979kmを通り抜ける忘れることのできない列車の旅をお約束します。ガン鉄道(The Ghan)はダーウィンからアデレードまで、またはアデレードからダーウィンまでを、途中キャサリン(Katherine)とアリス・スプリングス(Alice Springs)に停まってツアーで巡りながら3日間かけて大陸を横断します。また、シドニーからパース、パースからシドニーを4日間かけて旅するインディアン・パシフィック号(Indian Pacific)を選択することもできます。

ピナクルズから異次元の世界へ

西オーストラリア州のターコイズブルー色の海岸沿いのパースから250km北に、ピナクルズ砂漠(Pinnacles Desert)があります。ピナクルズ砂漠には、数百個もの古代の石灰岩の柱が、まるで宇宙に漂う墓石のようにそびえています。この公園は、人里離れた白砂のビーチ、ワイルド・フラワー、ユニークな動物、優良な魚釣り場に縁取られています。近隣の漁村、セルバンテス(Cervantes)に滞在してもいいですし、インディアン・オーシャン・ドライブ(Indian Ocean Drive)をドライブしながらカラフルな光景や素晴らしい野生動物との触れ合いを楽しむのもよいでしょう。

タスマニア州でグルメのドライブ旅行

まずはホバート(Hobart)にあるファーム・ゲート・マーケット(Farm Gate Market)で出来たてのドーナッツとベーグルの朝食をとったら、タスマニア州を周りながら数日間のグルメ旅行を楽しみましょう。試す価値のある地産の食材が豊富で、ほとんどの場合は次のグルメ街やグルメ店まで車で1時間以内です。ヒューオン・バレー(Huon Valley)にあるサイダー工場を改装した有名な博物館、ウィリー・スミスズ・アップル・シェッド(Willie Smith's Apple Shed)に立ち寄ってリンゴを食べたり、ポート・アーサーのバンゴー・ワイン&オイスター・シェッド(Bangor Wine & Oyster Shed)で殻を開けたばかりのタッシーカキを堪能してみましょう。ラトローブ(Latrobe)近郊にあるハウス・オブ・アンバース(House of Anvers)でベルギー風チョコレートを味わったり、歴史的な街リッチモンドのウィックト・チーズ(Wicked Cheese)に立ち寄り、トリプル・クリーム・ブリーチーズやチリ・カマンベール・チーズを楽しむことができます。タスマニア州の冷涼性気候ワインは有名で、ロンセストン(Launceston)の北を横切るテイマー・バレー(Tamar Valley)は、タスマニア州有数のワイン産地です。この州で最も歴史のあるプロビデンス(Providence)のブドウ園では、タスマニア州を代表するワイン品種ピノ・ノワール(pinot noir)をお見逃しなく。

大晦日にシドニー・ハーバーの花火大会を見る

ほとんどのタイム・ゾーンよりも新年を早く迎えるシドニー・ハーバーでは壮観なショーが繰り広げられます。大晦日の夜9時から12時にシドニー・ハーバー・ブリッジからオペラ・ハウスにかけて打ち上げられる花火、港に停泊した船上からの光のショーや花火を見逃してはいけません。見物場所も予算に合わせて選べます。シドニーの海岸周辺にある公園にレジャーシートを広げたり、フェリーやクルーズ船に飛び乗って水上からの景観を眺めたり、水辺のホテルの客室を予約したり、チケットを購入して参加するフォート・デニソン島(Fort Denison)やシャーク島(Shark Islands)のパーティもあります。家族で花火を見ながら新年を迎えるには、シドニーのタロンガ動物園(Taronga Zoo Sydney)やダーリング・ハーバー(Darling Harbour)も格好の場所です。

キンバリーをクルーズする

もう地球上にあまり残っていない真の原生地域、キンバリーを見に行くには、たくさんのオプションを完備したクルーズ船がおすすめです。ここでは岩場の海岸、人里離れたビーチ、赤い渓谷、豊富な水流を誇る滝、複雑な構造の川を間近で見れると同時に、グルメの食事やラグジュアリーな寝室を楽しむことができます。

ゴールド・コーストのローラー・コースターやウォーター・スライダーで遊ぶ

ゴールド・コーストには、巨大な絶叫マシーンやウォーター・スライダーを備え、しかも野生動物にも会えるテーマ・パークがあります。愉快な時間を過ごしたい人には、これに勝るアトラクションはないでしょう。ドリームランド(Dreamworld)と隣接しているホワイトウォーター・ワールド(WhiteWater World)をはしごしてもいいですし、シー・ワールド(Sea World)、ワーナー・ブラザーズ・ムービー・ワールド(Warner Bros Movie World)、ウェットンワイルド(Wet'n'Wild)にも行けるコンビネーション・パスを購入することもできます。「ビッグ・ファイブ」のテーマ・パークは、サーファーズ・パラダイス(Surfers Paradise)の北にあるスピット(Spit)とクーメラ(Coomera)の中間地点にあります。サーファーズ・パラダイスにはたくさんの宿泊施設があり、どれもゴールド・コーストのビーチのそばです。

ウルルを眺めながら星空の下で食事をする

ウルル(Uluru)と離れた場所にあるカタ・ジュタ(Kata Tjuta)のドームを眺めながらの食事は忘れ難く、親密な食事体験になります。ディジェリドゥ(didgeridoo)の演奏を聴きながら夕日を見たり、砂丘に座り星空の下でこの興味深い食事の話を聞きながら一味違った味覚を試してみたり、キャンプ・ファイヤのそばでドリームタイム(Dreamtime)の話を聞いたりすることができます。タリ・ウィル(Tali Wiru)(アナング族のことばで「美しい砂丘」という意味です)は、4月から10月中旬まで週4回開催しています。日没の1時間前にエアーズ・ロック・リゾート(Ayers Rock Resort)から送迎バスが出ています。体験を忘れ難いものにするために、一度にもてなすゲストは20名に限定されています。

マーガレット・リバーでグルメ料理を楽しむ

年に一度、11月に開催される西オーストラリア・グルメ・エスケープ(Western Australia Gourmet Escape)はオーストラリアで最大級のグルメとワインの祭典で、美味な食事とワイン、期間限定のイベント、料理教室、有名シェフとともに西オーストラリア州が提供する極上の幸せを祝います。マーガレット・リバー地域は、フェスティバルを体験する絶好の場所です。ワイナリー、レストラン、美しいビーチを探索してみましょう。パースからマーガレット・リバーへはレンタカーで南に3時間です。マーガレット・リバーの北50kmにあるバッセルトン(Busselton)まで飛行機で移動することもできます。

ポート・リンカーンでホホジロザメ(グレート・ホワイト・シャーク)とダイビング

ホホジロザメ(グレート・ホワイト・シャーク)と一緒に泳いだら、たとえアルミ製の強化されたケージの中にいたとしても、友達に自慢できる思い出となることでしょう。カリプソ・スター・チャーターズ(Calypso Star Charters)アドベンチャー・ベイ・チャーターズ(Adventure Bay Charters)は日帰りのホホジロザメ・ツアーをネプチューン島(Neptune Island)で開催しています。ネプチューン島はポート・リンカーンの70km沖合にあり、アデレードから飛行機で50分です。スキューバダイビングをしたことがない人でも大丈夫です(酸素はホースからケージ内に供給されます)。これと同じくらい思い出に残る体験をケージを使わずに味わいたい人は、とても優くて巨大なジンベエザメと西オーストラリア州のニンガルーリーフ(Ningaloo Reef)で泳いではいかがでしょう(3月~8月)。

オーストラリアのユニークでラグジュアリーなホテルに泊まる

オーストラリアには多くのラグジュアリー・ロッジやリゾートがあり、ユニークな体験を楽しめます。ロンギチュード131は、オーストラリア中心部の荒野にあるくつろげるキャンプ場で、ラグジュアリーなテントが備えられています。ウルル - カタ・ジュタ国立公園(Uluru-Kata Tjuta National Park)の原生地域の壮観な眺めやオーダーメイドのサファリ、グルメ料理があなたを待っています。エミレーツ・ワン・アンド・オンリー・ウォルガン・バレー(Emirates One&Only Wolgan Valley)は、ブルー・マウンテンズ世界遺産地域(Greater Blue Mountains World Heritage Area)内の保護区と野生動物保護区にあるスパ・リゾートで、プライベート・プール、野生動物ツアー、そしておいしい食事を提供しています。日光浴の好きな人は、ハミルトン島(Hamilton Island)で大人限定の素晴らしいクオリア(qualia)を体験してみましょう。タスマニア州のサファイア・フレシネ(Saffire Freycinet)では、最高品質の食材、サービス、海岸の眺望が表と中心にあります。同じく、カンガルー島(Kangaroo Island)サザン・オーシャン・ロッジ(Southern Ocean Lodge)では、海と森の眺めを楽しみながら、起伏の激しい人里離れた海岸線の崖の上に宿泊します。

クイーンズランド州でカメの孵化を見る

カメの赤ちゃんが孵化して、右も左もわからないまま海に向かって走るのを観察するのは、死ぬ前にやっておきたいことのリストに入るでしょう。オーストラリアで人気の高いウミガメの巣を見れる場所は、クイーンズランド州バンダバーグ(Bundaberg)近郊のモン・レポ自然保護公園(Mon Repos Conservation Park)にあります。レンジャーによるビーチのガイド付きツアーは、11月から3月に毎晩開催されます。カメの巣と孵化を見れる絶好の名所は、この他にもレディ・エリオット島(Lady Elliot)ヘロン島(Heron)、レディ・マスグレイブ島(Lady Musgrave)が挙げられます。1月以降、孵化したばかりのアオウミガメの赤ちゃんが巣穴から飛び出し、まるでレースをしているかのように、まっしぐらに海に向かいますが、この光景は圧巻です。

グレート・オーシャン・ロードをドライブ

メルボルンで車をレンタルして圧巻のグレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)をドライブしてみましょう。トーキー(Torquay)とベルズ・ビーチ(Bells Beach)の有名なサーフィン・スポット、のんびりした町ローン(Lorne)にあるエンジェルシーゴルフ場(Angelsea Golf Course)にいるたくさんのカンガルー、12使徒(Apostles)の素晴らしい岩石層などを見に行ってみましょう。オトウェイ国立公園(Otway National Park)の滝や緑豊かな森を通り抜け、古い歴史のあるワーナンブール(Warrnambool)からクジラを見ましょう。途中で休憩しなければ3時間のドライブですが、少なくとも2日かけてたくさんの観光スポットを訪れてみることをおすすめします。

トロピカル・ノース・クイーンズランドを探索する

ケアンズからケープ・トリビュレーション(Cape Tribulation)まで車で数時間の距離に見どころが満載です。信じられないほど素晴らしい グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)でシュノーケリングやダイビングの1日ツアーを楽しむには、ケアンズか、またはのんびりしたリゾートタウンのポート・ダグラス(Port Douglas)から出発しましょう。世界最古の熱帯雨林デインツリー・レインフォレスト(Daintree Rainforest)の緑豊かな森を散歩してみましょう。先住民アボリジニがモスマン渓谷センター(Mossman Gorge Centre)を案内します。ケープ・トリビュレーション(Cape Tribulation)は、二つの世界遺産が隣接している世界で唯一の場所で、神出鬼没のヒクイドリを見ることができるオーストラリアで有数の場所でもあります。日中はアドベンチャーを楽しみ、夜になったらシルキー・オークス・ロッジ(Silky Oaks Lodge)の豪華なエコ・エスケープに身を任せましょう。

スキー場に行ってみる

オーストラリアで最も有名なのはビーチ、サンゴ礁、アウトバックかもしれませんが、ここには世界第三位の長さを誇る陸地山脈もあります。グレート・ディバイディング山脈(Great Dividing Range)にはハイキング・コースや山脈の端から端までのヴィスタもありますが、南端に向かうとオーストラリアのスキー場があります。オーストラリアのスキーやスノーボードはユニークな体験です。ユーカリの並木を通り抜けながらダウンヒル・スキーを楽しめる場所は、世界を見渡してもあまり多くはありません。スキーやスノーボードをしない人でも、オーストラリアの雪原では犬ぞりやかんじき歩きなどの冬のアクティビティが満載で、休む暇などないでしょう。

ロード・ハウ島を訪れる

世界遺産に登録されている太平洋の島、ロード・ハウ島(Lord Howe Island)は、シドニーから飛行機で2時間です。ここで400人限定の観光客の一人になり、ハイキング、サーフィン、魚の餌付けを楽しめます。ロード・ハウ島の75パーセントは手つかずの自然の植生で、注目すべきは地質、自然美、サンゴ礁、それに珍しい鳥類、植物、海の生物のコレクションを誇る世界有数のスポットです。

メルボルンの裏路地で飲む

メルボルン中心部のカラフルなレーンウェイ(裏路地)には隠れ家のような小さいチャーミングなバーがたくさんあり、地産の食材やドリンク、地元の人々との交流を楽しむことができます。スタイリッシュで受賞歴のあるオー・ド・ヴィー(Eau de Vie)の革張りのベンチで楽しむスモーキー・ロブ・ロイ・カクテル(Smoky Rob Roy cocktail)をお見逃しなく。ほかにもリリー・ブラックス(Lily Blacks)、バー・アメリカーノ(Bar Americano)、シビーン(Shebeen)がおすすめです。小さなバーを自分で探して地元の人たちと仲良く飲むのもいいですね。

洪水のときにエア湖の上空を飛んでみる

エア湖(Lake Eyre)にはオーストラリアで最低高度の場所があり、まれに水で満たされることがあると9,500平方キロメートルにわたるオーストラリア最大の湖になります。ペリカン、セイタカシギ、ギンカモメのほかにも何千という鳥や、春にはワイルド・フラワーが誘われて集まってきます。湖が水で満たされていないときでも、公園の広大さ、塩湖の白さ、そして周囲の砂漠にできている低くて赤い砂丘を上空から見たら、真のアウトバックを思い起こさせることでしょう。遊覧飛行は南オーストラリア州のマリー(Marree)、ホーカー(Hawker)、セドゥナ(Ceduna)、ローンズリー・パーク(Rawnsley Park)、ウィルピナ・パウンド(Wilpena Pound)、ウィリアム・クリーク(William Creek)、インターステートから出発しています。

熱気球でオーストラリアの首都の上空に舞い上がる

キャンベラは気候が穏やかで緑地の景観があり、バーリー・グリフィン湖(Lake Burley Griffin)の眺めが素晴らしいことに加え、興味深い建築物、モニュメント、彫刻があり、出発点と着地点が豊富にあるため、熱気球を楽しめる有数の場所として国際熱気球専門家の間で有名です。熱気球の旅を楽しんだ後は、パーク・ハイアット・ホテル(Park Hyatt Hotel)で朝食を食べながらシャンパンで乾杯しましょう。

フランクリン川でホワイト・ウォーター・ラフティング

大自然が広がるタスマニア州西海岸にあるフランクリン川(Franklin River)は純粋な自然で、ホバート(Hobart)から150km弱の場所に位置しています。8日から11日間のラフティング・ツアーは、ワールド・エクスペディションズ(World Expeditions)フランクリン・リバー・ラフティング(Franklin River Rafting)が提供しており、夜になると川岸でキャンプをしながら、フランクリン川からゴードン川(Gordon River)沿い125kmを進んでいきます。

その他の関連記事