バックパッカー向けの地域

オーストラリアの都市で泊まるところ、食べるところ、遊ぶスポットを探していますか? いま流行りのおすすめの場所で、バックパッカーに合流しましょう。 バックパッカー向けの地域
Site Requires Javascript - turn on javascript!

バックパッカー向けの地域

オーストラリアの都市で泊まるところ、食べるところ、遊ぶスポットを探していますか? いま流行りのおすすめの場所で、バックパッカーに合流しましょう。


シドニー: ボンダイ、クージーとマンリー

ニュー・サウス・ウェールズ州シドニー、ボンダイ・ビーチ

シドニーのビーチライフスタイルを満喫するなら、海沿いの人気の郊外に行ってみましょう。 東には ボンダイ 、クージーが、北にはマンリーがあります。世界的に有名なボンダイ・ビーチは、バックパッカーやフラッシュパッカー、ファッショニスタが集まる場所です。賑やかなバーやおしゃれなカフェ、地元のマーケットが並び、1月のフリッカーフェストや8月のシティ・トゥ・サーフなど、1年を通して様々なイベントが開催されています。近隣には、家族連れや観光客に人気の海辺の街 クージー があります。歴史あるワイリーズ・バスで泳いだり、シュノーケリングやダイビングで有名なゴードンズ・ベイに向かって美しい海岸沿いの小道を歩いたり、湾の向こう側には、サーキュラー・キーからフェリーで30 分のビーチ、絵のように美しい マンリー があります。日中はサーファーでにぎわうマンリーは、日が暮れてからも 見逃せません。砂浜を歩いた足でワインバーやウォーターフロントのパブ、ハンバーガーショップなどを巡りましょう。

 

シドニー: グリーブ、ニュータウンとキングス・クロス

ニュー・サウス・ウェールズ州シドニー、グリーブ、サッフォ・ブックス&カフェ

見どころ満載の場所に泊まるなら? シドニー市内に近い、グリーブ、ニュータウン、キングス・クロスがお勧めです。市内からバスですぐの グリーブ は、学生、研究者、活動家、ニューエイジの人々が集う街です。 人気のサタデー・マーケットは、古着など掘り出し物の宝庫。グリーブ・ポイント・ロードは健康食品のショップや居心地の良いコーヒーショップが並んでいます。この多彩な文化が織りなす雰囲気は、近くのニュータウンまで続きます。エスニックレストラン、ゲイ歓迎のバー、エッジなストリートファッションなど、見どころが沢山あります。眠るより遊びたいという方は、キングス・クロスへどうぞ。シドニーのナイトクラブの大半がここに集まっています。アダルトショップが並ぶちょっと怪しい通りを曲がると、街路樹に縁取られたエレガントなポッツ・ポイントや、ウォーターフロントのエリザベス・ベイがあり、デリやワイン、バー、レストラン、アールデコ調のアパートメントが並んでいます。

 

パース:ノースブリッジ、フリーマントル、コテスロー・ビーチ

西オーストラリア州パース、コテスロー・ビーチ

ノースブリッジはパース最大のバックパッカー向けの地域で、数多くのホステル、充実のナイトライフ、手頃な値段の飲食店が揃っています。ジェイムス・ストリート、レイク・ストリート、ウィリアム・ストリート、またはリーダーヴィルやスビアコなどの近郊にある、リーズナブルなレストランに行ってみましょう。チャーミングな歴史ある港街フリーマントル、通称「フリオ」は、アートギャラリー、マーケット、活気溢れるライブ音楽が魅力的な街です。数多く並ぶフードトラック(移動販売車)で食べ物を買い、有名な「カプチーノ通り」でコーヒーと一緒にどうぞ。 フリーマントルは、クラフトビールや季節ごとのビール人気の場所でもあります。リトル・クリーチャーズ、ザ・モンク、ザ・ノーフォーク・ホテルをのぞいてみましょう。なによりもビーチが好きという方には、 コテスロー・ビーチ沿いのホステルがお勧めです。スイミング、シュノーケル、サーフィンを楽しんだ1日の締めくくりには、ビーチフロントのパブからインド洋に沈む夕日を見てみましょう。

 

メルボルン:フィッツロイ、セント・キルダ

ビクトリア州メルボルン、フィッツロイブランズウィック・ストリート

オーストラリアの文化の都と謳われるメルボルンは、ワクワクするようなライブミュージックシーン、深夜営業のバー、カフェやコーヒーショップが並ぶ裏路地が魅力の街。フリンダース・ストリート駅付近に広がる石畳のレーンウェイ(裏路地)を抜けて、ポップアップショップやオープンエアのダイニング、素晴らしいストリートアートを見つけてみましょう。AC/DCレーンには、アーテイストのBanksy (バンクシー)のアートもあります。市内の中心からトラムで20分行くと、フィッツロイにあるボヘミアンなブランズウィック・ストリートに到着します。ベジ・バーでランチを食べたあとは、週末に開催されるローズ・ストリート・アーティスト・マーケットでヴィンテージファッションをチェック。市内の中心からトラムで30分行くと、ビーチサイドの街セント・キルダに到着します。自転車をレンタルしてカラフルなブライトン・ベイジング・ボックスを見に行きましょう。往復で40分程度です。セント・キルダに戻ったら、ラジオ・メキシコでカジュアルなメキシコ料理を楽しみ、地元の人々から「ジ・エスピー」と呼ばれるエスプラナード・ホテルでライブ演奏はいかがでしょうか。 

 

ブリスベン:フォーティチュード・バレー

クイーンズランド州ブリスベン、フォーティテュード・バレー

地元では単に「バレー」と呼ばれるフォーティチュード・バレーは、ブリスベンの夜の鼓動が聞こえ、サブカルチャーとの出会いが期待できる場所です。かつてはさびれていた街並みですが、今ではおしゃれな店や劇場、ライブハウス、さらにたくさんのレストランやパブ、クラブ、バーなどが軒を連ねています。最近は高級化されてきていますが、それでもさまざまな文化のコミュニティーと、自由で活気にあふれた空気が味わえます。また、チャイナタウンに行って熱々の中国料理を食べましょう。モールから少し外れた場所には、ギリシャ料理店やイタリア料理店が集まる一角もあります。アン・ストリートやブランズウィック・ストリート沿いのブティックでは地元のデザイナーのアイテムが手に入り、ジェームス・ストリートでは、アート系の映画を上映しています。ホステルがたくさんあって、バックパッカー向けの特別メニューを出す地元の店も沢山あります。 

 

ダーウィン:ミッチェル・ストリート

ノーザン・テリトリー、ダーウィン、トレーラー・ボート・クラブ

ダーウィンのバックパッカーの中心地は何といってもミッチェル・ストリートでしょう。比較的コンパクトなダーウィンの一角にあるヤシ並木のある通りで、ホステルやホテル、バー、カフェ、ツアー会社などが軒を連ねています。旅行ガイドを読んだり、 カカドゥ までのツアーを申込んだり、冷たい飲み物で熱帯の暑さをしのいでいるバックパッカーがたくさんいるので、一緒に旅行をしてくれる連れを探すのは簡単です。 空港からのシャトルバスに乗れば、ミッチェル・ストリートまで15 分もかかりません。ナイトライフを楽しみたい時も、ここから離れる必要はありません。ビリヤード場や、安あがりに食事を済ますことができるオープン・エアのパブやレストランがたくさんあります。通り沿いに並ぶ数多くのツアー会社では、ティウィ諸島や緑豊かな リッチフィールド国立公園までの日帰り旅行の予約を手伝ってくれます。

 

アデレード:イースト・エンド

南オーストラリア州アデレード、アデレード・セントラル・マーケット

コスモポリタンな街イースト・エンドからは、アデレードのみどころのほとんどに歩いて行くことができます。ノース・テラス沿いのギャラリーや博物館、開拓時代の優雅な建物探訪、あるいは自転車を借りてライミル・パークから植物園へ向かいましょう。国際音楽祭「ウォム・アデレード」が毎年3月に開催されている場所です。この地域には、ダイニングスポットも目白押し。おしゃれなカフェ、ワインバーやレストランならランドル・ストリート、アツアツのアジア料理を安上がりに楽しむのならグージャー・ストリートへ。生鮮食品を仕入れるなら セントラル・マーケットに勝る所はありません。

 

ケアンズ:エスプラネード

クイーンズランド州ケアンズ、エスプラネード

最強のパーティー・タウン ケアンズは、海辺の通りからマクラウド・ストリートまでの8つのブロックがすべてが社交の中心です。エスプラネードは高級ホテルやレストラン、バーで賑わい、裏通りにはもっとリーズナブルな店がたくさんあります。ホステルのプールバー、ビアガーデンのライブ音楽、地元のDJがビートを刻むカクテルラウンジやクラブなど、まさにパーティー天国。次の日の朝には、ボリューム満点の朝食を出すお店がたくさんそろっています。ツアー会社も数多く、 グレート・バリア・リーフ や世界遺産の デインツリー ・レインフォレストまでのツアーを予約することもできます。 

 

ホバート:サラマンカ・プレース

タスマニア州ホバート、サラマンカ・プレース

Salamanca Place, which was a warehouse area of ​​the Georgian era,  has now become a city full of  galleries, theaters, cafés, bars, restaurants and lots of accommodation. It is also fun to watch local artists' works on a lively Saturday market, listen to local bands at the Salamanca Art Center, or drink a Tasmanian beer in a venerable pub. If you go to the waterfront wharf, popular restaurants are lining up. Also luxuriously enjoying the freshest Tasmanian seafood while listening to the sounds of the yacht's mast gently scooping up the sails.

 

バイロン・ベイ

ニュー・サウス・ウェールズ州、バイロン・ベイ

Byron Bay, which  has a gorgeous beach, New Age lifestyle and energetic music scene, is a  must-see for those traveling on the East Coast of Australia. A wonderful wave of pass, beach and Watgoiges beach has attracted surfers for many years, but recently artists, writers, hippies and healers have settled down. Cape Byron walking track heading to the lighthouse on the easternmost end of the Australian continent is a must-see. After walking, please have brunch at many Byron cafe. An international blues & roots music festival is held every year at the Easter weekend (mostly from late March to early April), and in July the big bands of various places gather at Splendor in the glass .

旅行をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading