Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアで体験したいバックパッカー向けアクティビティ

 

ウルルで夕日を見る

魅力的で神聖なウルル(Uluru)はバックパッカーならぜひ訪れたい場所。オーストラリアで自然の驚異を感じさせてくれる場所の一つ、ウルルは高さ348mの一枚岩です。昼間に行くと、アウトバックの赤い大地にその力強い姿を現します。それが日没時になると、夕日に照らされ、深いオレンジ色から濃い赤色に変わっていきます。日没を堪能した後は、近くのアウトバック・パイオニア・ロッジ(Outback Pioneer Lodge)に泊まりましょう。

クオッカとセルフィーを撮る

オーストラリアには豊富な種類の野生動物が生息しますが、セルフィーを撮る時にスマイルを見せるのはこの動物しかいません。パース(Perth)近くのフリーマントル(Fremantle)からフェリーに乗って25分行ったところにあるロットネスト島(Rottnest Island)では、とても可愛くてつい写真を撮りたくなる動物、クオッカのコロニーを見ることができます。クオッカはワラビーの仲間で、とても人懐っこいので訪れる人の近くまで寄ってくることも少なくありません。そんなときは、可愛い姿をカメラに収めるチャンスです。必ずルールを守り、オーストラリアの野生動物に触ったり、餌をやったりしないようにしましょう。カメラを持ち、フェリーに乗り込めば、この貴重な体験があなたを待っています。

クレイドル・マウンテンにハイキングに行く

タスマニア州は、野生動物が豊富で原生地域もたくさんあります。中でもクレイドル・マウンテンは、自然と触れ合うのに絶好の場所です。クレイドル・マウンテンはタスマニア州に豊富にある山々の中でも特に有名な山。そのわけも明白です。クレイドル・マウンテンとその周辺の崖がダブ湖(Dove Lake)の湖岸からせり上がっており、その姿が湖に映ってとてもきれいです。長さ6kmのダブ湖サーキット(Dove Lake Circuit)を歩けば、絵画のように美しい景色が見えます。そして、そのまま進むと、そびえるクレイドル・マウンテンのふもとに到着します。まだまだ物足りないという方は、朝早く起きて日の出を見に行くと良いでしょう。ダブ湖の駐車場から少し歩くと、ぎざぎざの地平線から昇る太陽を見ることができます。

フィリップ島でリトル・ペンギンを見る

自動車の旅に最適で景色の素晴らしいビクトリア州(Victoria)は、ぜひ訪れたい場所の一つです。ビクトリア州南オーストラリア州(South Australia)の南岸沿いを走るグレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)を旅しましょう。野生動物と出会え、きっと素敵な思い出を作ることができます。メルボルンから南に車で1時間半行ったところにあるフィリップ島(Phillip Island)で、そこに生息する可愛いフェアリー・ペンギンを見ましょう。島の大人気の見どころはペンギンパレード。漁を終えたペンギンが陸に上がり、よちよち歩く姿を見ることができます。サマーランド・ビーチ(Summerland Beach)の観察エリアからは180度見渡すことが可能。いくつもあるガイドツアーから1つ選んで参加し、ペンギンを間近で見るのもおすすめです。可愛いものを見たりないという方は、島のコアラ保護区にも行きましょう。

カラフルな珊瑚の上でシュノーケリング

赤土の砂漠から緑豊かな熱帯雨林まで、オーストラリアには数え切れないほどの美しい環境がそろっています。中でも、地球上で最大のサンゴ礁といわれるグレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)は、最も印象的な場所の一つでしょう。このサンゴ礁を探検する方法はいくつかあり、予算に合わせて選ぶことができます。フランクランド諸島のリーフクルーズに参加してみるのはどうでしょう。カラフルな珊瑚の生態系を観察しながらシュノーケリングをしたり、ウミガメとたわむれたりできます。数日掛けてアドベンチャーを楽しむなら、ウィットサンデー諸島(Whitsunday Islands)をセーリングするツアーに参加すると良いでしょう。美しいホワイトヘブン・ビーチ(Whitehaven Beach)や、まさにその名が表すとおりハート型のハート・リーフ(Heart Reef)など、素敵な景色を船から眺めることもできます。ホワイトヘブン・ビーチはボートで行くことができますが、ハート・リーフはヘリコプターまたは水上飛行機でしか行くことができません。 

太古の雨林で天然の水場を探す

息をのむような雨林の中を散策した後、天然の水場に飛び込むことほど気持ちのいいことはありません。飛び込むことができる天然の水場は、オーストラリアにたくさんありますが、クイーンズランド州(Queensland)のデインツリー・レインフォレスト(Daintree Rainforest)にあるモスマン渓谷(Mossman Gorge)は最も美しいのものの一つでしょう。モスマン渓谷は、ケアンズから1時間半弱のところにある世界でも有数の太古から続く熱帯雨林にあり、大自然に浸ることができます。水に入る前に、大きな花崗岩を流れる水の様子を眺めるのをお忘れなく。また、安全な状況かどうかをモスマン・ゴージ・センターで確認するようにしましょう。もっとためになる体験をしたいという方には、先住民アボリジニ文化体験をおすすめします。伝統的な植物の活用法を学んだり、ブッシュフードを見つけたり、野生動物を観察したりしましょう。

 

アウトバック探検に没頭する

世界で6番目に面積が大きい国、オーストラリアにはたくさんのオープンスペースがあります。人里離れた場所で魅力ある場所の代表格といえるのが、西オーストラリア州(Western Australia)の北部にあるキンバリー(Kimberley)でしょう。キンバリーはイングランドの3倍の面積があり、本当に人里離れた場所なので、日常の嫌なことを忘れるのに最適です。美しい、渓谷、岩の造形を探して回りましょう。この地域の天候はなかなか予測がつきません。訪れるのに最も良い時期は乾季(5月~10月)です。ダーウィン(Darwin)ブルーム(Broome)から車で出かけて、白砂から赤土の砂漠に変わっていく景色を見るのは最高です。おすすめの宿はレイク・アーガイル・リゾート&キャラバン・パーク(Lake Argyle Resort and Caravan Park)。ここにある、キンバリーで最も有名なインフィニティ・プールでひと泳ぎしましょう。冒険の要素が多い旅になりそうですが、一生の思い出になるだけでなく、友達に聞かせて楽しんでもらえる話の種になります。 

ボンダイ・ビーチでサーフィンを学ぶ

金色の砂と白波。シドニーのボンダイ・ビーチはバックパッカーがぜひ行きたい場所です。オーストラリアをより満喫したいなら、レッツ・ゴー・サーフィン(Let's Go Surfing)でサーフィンのレッスンを受けると良いでしょう。レッツ・ゴー・サーフィンでは。あらゆるスキルレベルの方にレッスンを行っています。だから初心者でも安心です。1回のレッスンで、パドリングから立って、波に乗るところまで習うことができます。サーフィンに熱中した後は、ボンダイ・アイスバーグ(Bondi Icebergs)に行って何か食べたり、インスタ映えするアイスバーグのプールでひと泳ぎしましょう。または、岩の多い海岸線を通る、ボンダイからクージー(Coogee)までのコースタルウォークを歩くのもおすすめです。

オーストラリアの首都を巡る

オーストラリアの首都、キャンベラは比較的小さな街ですが、アクティビティは豊富です。国会議事堂(Parliament House)へ行ってみましょう。政府の働きを見ることができるうえ、遺産になっている部屋にも入ることができます。無料のガイド付きツアーは、午前9時30分、11時、午後1時、2時、3時30分に出発します。オーストラリア国立美術館(National Gallery of Australia)もぜひ訪れたい場所。世界クラスのアートの展示や、先住民アボリジニとトレス海峡諸島民のアートの世界最大のコレクションを見ることができます。街のカヤック、パドルボード、ウィンドサーフィンのホットスポット、バーリー・グリフィン湖(Lake Burley Griffin)に行くのもおすすめです。キャンベラで行われるエンライトン・フェスティバル(Enlighten Festival)にもぜひ参加しましょう。熱気球が空に舞う様子を楽しむことができます。

アシカと一緒に泳ぐ

南オーストラリア州には、野生動物に出会える、国内でも有数の素晴らしい場所がいくつもあります。ホホジロザメ(グレート・ホワイト・シャーク)とのケージ・ダイビングはちょっとという方も大丈夫。他にも、水の中の生物と仲良く一緒に泳ぐことができる機会があります。エア半島(Eyre Peninsula)では、ダイビングで遊び好きなアシカと一緒に泳ぎ、彼らが体をねじりながら泳いだり、ターンしたりする様子を観察することができます。アシカは好奇心旺盛な動物なので近寄ってきますが、驚く必要はありません。アシカの様子を撮れるようにぜひ水中カメラを用意しましょう。また、予約をして、この機会を逃さないようにしましょう。

その他の関連記事

役立つ参考資料