メルボルン、ザ・ケトル・ブラック・カフェのブランチ © Visit Victoria

The Kettle Black, Melbourne, Victoria © Visit Victoria

オーストラリア料理ガイド

ハンター・バレー、ビストロ・モリネスの屋外で食事をする友達同士のグループ © Tourism Australia

ニュー・サウス・ウェールズ州、ハンター・バレー、ビストロ・モリネス © Tourism Australia

Chef Neil Perry

それは食材の品質の高さと新鮮さ、素晴らしいシーフード、そしてこの国の多国主義です。

シェフ兼レストラン経営者、ニール・ペリー。

ストークハウスのSTKシーフードの盛り合わせ © Parker Blain

クイーンズランド州、ストークハウス © Parker Blain

自然のブッシュ・タッカーのフラットレイ © Voyages

ノーザンテリトリー、ユララ、ブッシュ・タッカーを求める旅 © Voyages

豆知識

先住民アボリジナル・ピープルとトレス海峡諸島民は、何万年もの間、ブッシュフードを得て持続可能な生活を送ってきました。

Chef Curtis Stone

オーストラリアの先住民は、非常に長い年月をブッシュ・タッカーを食べて生活してきました。そして現代のシェフは、先住民の食材に光を当てています。それは単に珍しいからではなく、味が良いからです。

オーストラリアの有名シェフ、カーティス・ストーン。

マーガレット・リバー・グルメ・エスケープのビーチ・バーベキューでラムの大皿を供するウェイター © Russell Ord

西オーストラリア州、マーガレット・リバー、マーガレット・リバー・グルメ・エスケープ © Russell Ord

バイロン・ベイ、フォーク・カフェの潰したアボガドを載せたトースト © Folk Cafe

ニュー・サウス・ウェールズ州、バイロン・ベイ、フォーク・カフェ © Folk Cafe

キー・レストランでの一品 © Nikki To/Quay

ニュー・サウス・ウェールズ州、シドニー、キー © Nikki To/ Quay

私たちが目指しているのは、常に独創的であり、旬、風味、香り、ワイン、食感を大切にすることです。私たちは料理に対してコンセプトを重視するアプローチを行っています。それには旅や交換し合ったアイデアが反映されています。

マギルエステートのヘッドシェフ、スコット・ハギンズ。 

ヤラ・バレー、チェリーヒル・オーチャーズでサクランボを摘む子どもたち © Cherryhill Orchards

ビクトリア州、ヤラ・バレー、チェリーヒル・オーチャーズ © Cherryhill Orchards

キアマにあるザ・ハングリー・モンキー・カフェのベジタリアン料理のフラットレイ © Lauren Bath

ニュー・サウス・ウェールズ州、キアマ、ザ・ハングリー・モンキー © Lauren Bath

インダストリー・ビーンズ・カフェでコーヒーを淹れるバリスタ © Josie Withers Photography

ビクトリア州、メルボルン、フィッツロイ、インダストリー・ビーンズ・カフェ © Josie Withers Photography

ペンフォールズ・グランジのワインのグラスとボトル © Penfolds

南オーストラリア州、アデレード・ヒルズ、ペンフォールズ・マギル・エステート・キッチン © Penfolds

豆知識

オーストラリアには65か所のワイン産地があり、100種類を超えるブドウ品種があります。 

読む

オーストラリアでとびきりクールな都会のワイナリーと農場

シドニー のアーチーローズ蒸留所で酒を注ぐバーテンダー © Archie Rose

ニュー・サウス・ウェールズ州、シドニー、アーチー・ローズ蒸留所 © Archie Rose